Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第11回

無用第十一

2018.12.18更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。
「もくじ」はこちら

無用第十一

11 無用には大きなはたらきがある

【現代語訳】

車輪は、三十本の輻(や)が中央の轂(こしき)に集まっている。その轂の中心には何もない穴があいていて、車軸を通すことができる。つまり、穴があいているから車輪がうまくはたらくことになるのだ。粘土をこねることで器はできる。その器の中は何もないところがあるから器としてのはたらきができるようになる。戸や窓をくりぬくことで家としてできあがる。家のなかに何もない空間があるからこそ、家としてのはたらきがある。
このように、何かがあることによって役に立つのは、何もないことがあるからこそ、そのはたらきができるのである。

【読み下し文】

三十(さんじゅう)の輻(ふく)(※)、一(ひと)つの轂(こく)(※)を共(とも)にす。其(そ)の無(む)に当(あ)たりて、車(くるま)の用(よう)有(あ)り。埴(しょく)を埏(う)ちて(※)以(もっ)て器(うつわ)を為(つく)る。其(そ)の無(む)に当(あ)たりて、器(うつわ)の用(よう)有(あ)り。戸牖(こゆう)を鑿(うが)ちて(※)以(もっ)て室(しつ)を為(つく)る。其(そ)の無(む)に当(あ)たって、室(しつ)の用(よう)有(あ)り。
故(ゆえ)に有(ゆう)の以(もっ)て利(り)を為(な)すは、無(む)の以(もっ)て用(よう)を為(な)せばなり(※)。

  • (※)輻……車輪の外側と中心とをつなぐ棒(いわゆるスポーク)。古代中国では三十本とされていた。
  • (※)轂……車輪の中心部分で、車軸を通すところ。
  • (※)埴を埏ちて……「埴」は粘土のこと。「埏」はこねて固めること。
  • (※)戸牖を鑿ちて……「戸牖」は部屋の戸と窓のこと。「鑿」は鑿(のみ)で穴を開けること。
  • (※)無の以て用を為せばなり……荘子のいわゆる「無用の用」論と似ている。『荘子』の外物篇第七章参照。

【原文】

無用第十一

三十輻共一轂、當其無、有車之用。埏埴以爲器、當其無、有器之用。鑿戶牖以爲室、當其無、有室之用。
故有之以爲利、無之以爲用。

「目次」はこちら


【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印