Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第13回

猒恥第十三

2018.12.20更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。
「もくじ」はこちら

猒恥第十三

13 欲望などより、自分の身体が一番大切である

【現代語訳】

世の人々は寵愛(ちょうあい)を得ては胸ときめかせ、屈辱を受けては、胸をふさがせる。そして寵愛とか屈辱とかを大きな関心事として、自分の身と同じもののように考えているようだ。
どうして寵愛とか屈辱に一喜一憂するのであろうか。寵愛はくだらないものだ。それなのにそれを手に入れられるかと心配し、失うと不安でいる。こうした状態を寵愛と屈辱にびくびくと心配、不安でいっぱいだというのである。
ではどうして寵愛とか屈辱(あるいは名誉とか財産)などの得喪を大きな心配事としているのか。それは自分の欲望に執着しているからだ。自分の欲望への執着がないと、何も心配することはないのである(だから、大切なことは自分の身、生命の根本を大切にすることである)。
だから、天下を治めるということより、自分の身を大切にする人にこそ天下をまかすことができるのだ。自分の身を愛する人だからこそ天下をあずけることができるのである(外部の余計な欲望から切り離され、大切な我が身を扱うように、天下を大切に扱うからである)。

【読み下し文】

寵辱(ちょうじょく)(※)に驚(おどろ)くが若(ごと)し、大患(たいかん)(※)を貴(たっと)ぶこと身(み)の若(ごと)し。
何(なに)をか寵辱(ちょうじょく)に驚(おどろ)くが若(ごと)しと謂(い)う。寵(ちょう)を下(げ)と為(な)す。これを得(う)るに驚(おどろ)くが若(ごと)く、これを失(うしな)うに驚(おどろ)くが若(ごと)し。是(こ)れを寵辱(ちょうじょく)には驚(おどろ)くが若(ごと)しと謂(い)う。
何(なに)をか大患(たいかん)を貴(たっと)ぶこと身(み)の若(ごと)しと謂(い)う。吾(わ)れに大患(たいかん)有(あ)る所以(ゆえん)の者(もの)は、吾(われ)に身(み)有(あ)るが為(ため)なり。吾(われ)に身(み)無(な)きに及(およ)びては、吾(わ)れに何(なん)の患(わずら)い有(あ)らん。
故(ゆえ)に身(み)を以(もっ)てするを天下(てんか)を為(おさ)むるよりも貴(たっ)とべば、若(すなわ)ち天下(てんか)を託(たく)すべく、身(み)を以(もっ)てするを天下(てんか)を為(おさ)むるよりも愛(あい)すれば、若(すなわ)ち天下(てんか)を寄(よ)すべし。

  • (※)寵辱……「寵」は、寵愛や栄誉を受けること。「辱」は屈辱、恥辱を受けること。
  • (※)大患……文字通りに解すると大きな害のこと。文章の流れからすると、ここでの「患」は「寵辱」のことを指していると解される。すなわち「大患」とは、ここでは寵愛とか屈辱とかを大きな関心事としての意味と解する。

【原文】

猒恥第十三

寵辱若驚、貴大患若身。
何謂寵辱若驚。寵爲下。得之若驚、失之若驚、是謂寵辱若驚。
何謂貴大患若身。吾所以有大患者、爲吾有身。
及吾無身、吾有何患。故貴以身爲天下、若可寄天下。愛以身爲天下、若可寄天下。

「目次」はこちら


【単行本予約受付中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印