Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第2回

養身第二

2018.12.05更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。

養身第二

2 世俗の価値にとらわれてはいけない
(価値は相対的なもの)

【現代語訳】

世の中の人は、皆、美は常に美であると考えているようだ。しかし、美は同時に醜(みにく)いものでもある。皆、善いものは善いと思っているが、善は同時に悪でもある。
有ると無いとはそれぞれ相手があってこそ生まれており、難(むずか)しいと易やさしいも相手があってこそ成り立ち、長いと短いとも、相手があることによってこそはっきりとわかり、高いと低いとも、相手があってこそわかり、楽器の音と人の肉声とは、相手があることで調和し、前と後とは、相手があることで決まる。
だから「道」と一体となっている聖人は、無為の立場に身を置き、言葉によらないで(世俗の価値観にとらわれないで)教訓を実践するのである。万物を自生にまかせて手を加えることをせず、それを自分のものとはせず、大きな仕事を成しても見返りを求めず、成功するもそれに安住することをしない。そもそも安住しないから、その功績はなくならないのだ。

【読み下し文】

天下(てんか)皆(みな)美(び)の美(び)たるを知(し)るも、斯(こ)れ悪(あく)なる已(のみ)。
皆(みな)善(ぜん)の善(ぜん)たるを知(し)るも、斯(こ)れ不善(ふぜん)なる已(のみ)。故(ゆえ)に有(ゆう)と無(む)と相(あ)い生(しょう)じ、難(なん)と易(い)と相(あ)い成(な)り、長(ちょう)と短(たん)と相(あ)い形(かたち)し、高(こう)と下(げ)と相(あ)い傾(かたむ)き、音(おん)と声(せい)と相(あ)い和(わ)し、前(ぜん)と後(ご)と相(あ)い随(したが)う。
是(ここ)を以(もっ)て聖人(せいじん)(※)は、無為(むい)(※)の事(こと)に処(お)り、不言(ふげん)の教(おし)えを行(おこな)う。万物(ばんぶつ)焉(ここ)に作(おこ)るも而(しか)も辞(じ)せず(※)、生(しょう)ずるも而(しか)も有(ゆう)とせず、為(な)すも而(しか)も恃(たの)まず、功(こう)成(な)るも而(しか)も居(お)らず。夫(そ)れ唯(た)だ居(お)らず、是(ここ)を以(もっ)て去(さ)らず。

  • (※)聖人……理想的な人。ここでは(老子では)儒家のいう堯(ぎょう)、舜(しゅん)あるいは孔子などの特定の人物を指さない。老子のいう「道」に合一した最高の境地にある人をいう。
  • (※)無為……「無為」は老子の理想的な行動様式。直訳すると「何もしないこと」ではあるが、ただ何もしないというよりいわゆる宇宙根源の「道」にまかせ、余計なことをしないことを意味している。
  • (※)辞せず……やめる。手を加えない。「辞」を「始」の借字と見る立場の説も、自然に対して干渉しないという意味に解している。なお、「辞(じ)せず」を「辞(ことば)せず」と読み、説明を加えないと解する説もある。

【原文】

養身第二

天下皆知美之爲美、斯惡已。皆知善之爲善、斯不善已。
故有無相生、難易相成、長短相形(※)、高下相傾、音聲相和、歬後相隨。
是以聖人處無爲之事、行不言之敎。萬物作焉而不辭、生而不有、爲而不恃、功成而弗居。夫唯弗居、是以不去。

  • (※)長短相形……「形」を「較」とする説もある。『帛書』では「較」が「刑」となっている。「刑」は「形」と同じ意味。

【単行本予約受付中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印