Facebook
Twitter
RSS
全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第35回

仁德第三十五

2019.01.24更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。
「もくじ」はこちら

仁德第三十五

35 「道」を守れば、すべてが平穏無事で落ち着く

【現代語訳】

「道」に従いしっかり守っていくと、世の中のすべてがうまくいく。どこにいこうと害はなく、すべてが平穏無事で落ち着く。
音楽やごちそうとなれば、旅人も足を止めるものである。しかし、「道」が語る言葉は、淡白で味もない。見ようとしても見えず、聴(き)こうとしても聞こえないが、「道」のはたらきはとても大きく、尽き果てることがない。

【読み下し文】

大象(たいしょう)を執(と)れば(※)、天下(てんか)往(ゆ)く。往(ゆ)きて而(しか)も害(がい)あらず。安平大(あんぺいたい)(※)なり。
楽(がく)と餌(じ)には、過客(かかく)(※)止(とど)まる。道(みち)の言(げん)に出(い)だすは、淡乎(たんこ)として其(そ)れ味(あじ)無(な)し。これを視(み)るも見(み)るに足(た)らず、これを聴(き)くも聞(き)くに足(た)らず、これを用(もち)いて既(つく)すべからず。

  • (※)大象を執れば……大象とは「道」のこと。同異第四十一には、「大象は形無し」とある。そこでも大象を形のないものとして「道」のことを説明している。なお、虛心第二十一では、「道」はおぼろげで奥深く捉えどころがないが、そのなかに何か精気があるとしている。「道」とは人が形として捉えることはできないが、そのはたらきは確かにあるもので、何かが存在しているということであろう。「執」とは、しっかり持つこと。守ること。
  • (※)安平大……平穏無事であること。なお、「大」については、「太」「奉」とする説もあるが、意味は同じ。
  • (※)過客……旅人のこと。

【原文】

仁德第三十五

執大象、天下徃。徃而不害、安平大。
樂與餌、過客止。道之出言、淡乎其無味。視之不足見、聽之不足聞、用之不可既。

「目次」はこちら


【単行本好評発売中!】

この本を購入する
シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印