Facebook
Twitter
RSS
全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第37回

爲政第三十七

2019.01.28更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。
「もくじ」はこちら

爲政第三十七

37 無為にして為さざるはなし(無為の境地に達すべし)

【現代語訳】

「道」はいつでも無為にして為さざるはなし(何もしないでいるようだが、すべてのことを見事に成し遂げている)。諸侯や王たちが、この「道」のはたらきを守れば、あらゆるものは、自ずから感化され、うまくいくだろう。もし、感化されているのに、何か欲望を持ち始めるなら、まだ名がない素朴なあら木によってそれを静め落ち着かせたい。この名がないあら木は、無欲にさせるだろう。そしてすべてのものが欲望を持たないで平静であれば、天下は、自ずから安定するであろう。

【読み下し文】

道(みち)は常(つね)に無為(むい)にして(※)、而(しか)も為(な)さざる無(な)し。侯王(こうおう)若(も)し能(よ)くこれを守(まも)らば、万物(ばんぶつ)は将(まさ)に自(おの)ずから化(か)(※)せんとす。化(か)して作(おこ)らんと欲(ほっ)すれば、吾(わ)れ将(まさ)にこれを鎮(しず)むるに無名(むめい)の樸(ぼく)(※)を以(もっ)てす。無名(むめい)の樸(ぼく)は、夫(そ)れ亦(ま)た将(まさ)に無欲(むよく)ならんとす。欲(ほっ)せずして以(もっ)て静(せい)ならば、天下(てんか)将(まさ)に自(おの)ずから定(さだ)まらんとす。

  • (※)道は常に無為にして……本章のこの部分は、忘知第四十八の「無為にして而も為さざる無し」と同じように、老子の思想を端的に表している。また、聖德第三十二には「道は常に名無し」とある。なお、一般に本章までが上篇とされている(前述のように『帛書』では上篇と下篇が逆になっている)。
  • (※)化……感化される。
  • (※)無名の樸……名がない素朴なあら木。あら木のような素朴。自然な「道」ということ。顯德第十五、聖德第三十二参照。

【原文】

爲政第三十七

道常無爲、而無不爲。侯王若能守之、萬物將自化。化而欲作、吾將鎭之以無名之樸。無名之樸、夫亦將無欲。不欲以靜、天下將自定。

「目次」はこちら


【単行本好評発売中!】

この本を購入する
シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印