Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第4回

無源第四

2018.12.07更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。

無源第四

4 和光同塵(わこうどうじん)

【現代語訳】

道は空っぽのようであるが、そのはたらきは限りなく、たとえ満たそうとしても満たせるものではない。それは深遠で底知れず、万物の根源のようである。
それはすべての鋭さをくじき、すべてのもつれを解きほぐし、すべての光を和らげ、すべての塵ちりと一つになる。
満々とたたえた水のように静かで、何か存在しているようだ。私は、それが誰の子なのかを知らないが、万物を生み出した天帝の祖先のようである。

【読み下し文】

道(みち)は沖(ちゅう)(※)にしてこれを用(もち)うれば或(ある)いは盈(み)たず。淵(えん)として万物(ばんぶつ)の宗(そう)に似(に)たり。
其(そ)の鋭(えい)を挫(くじ)いて、其(そ)の紛(ふん)を解(と)き、其(そ)の光(ひかり)を和(やわ)らげて、其(そ)の塵(じん)に同(どう)ず(※)。
湛(たん)として存(そん)する或(あ)るに似(に)たり。吾(わ)れ、誰(たれ)の子(こ)なるかを知(し)らず、帝(てい)の先(せん)に象(に)たり。

  • (※)沖……「沖(ちゅう)」は「盅(ちゅう)」の借字。空っぽの意味。
  • (※)其の光を和らげて、その塵に同ず……「和光同塵」ということわざとなり有名である。玄德第五十六にも重出している。「和光同塵」は「仏、菩薩(ぼさつ)が衆生(しゅじょう)を救うため、自分の本来の知徳の光を隠し、けがれた俗世に身を現すこと」(『岩波 国語辞典』岩波書店)などとされ、今は仏教用語のように見られる向きもあるが、もともとは老子の教えである。一般的な故事成語の意味は「自分の知徳の光をやわらげて目立たないようにし、世間の者と同じように暮らしてゆくこと」などとされる(『故事・俗信ことわざ大辞典』小学館)。

【原文】

無源第四

道沖而用之或不盈。淵兮似萬物之宗。
挫其銳、解其紛、和其光、同其塵。
湛兮似或存。吾不知誰之子、象帝之先


【単行本予約受付中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印