Facebook
Twitter
RSS
全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第28回

反朴第二十八

2019.01.15更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。
「もくじ」はこちら

反朴第二十八

28 人がもともと持っている本質的な価値を知る

【現代語訳】

強い雄の本質を知った上で、弱い雌の立場を守ることができたなら、世界の万物が慕い寄る谿(たにま)、すなわち源泉となる。天下の谿(源泉)となれば、一定不変の徳が身から離れず、純真な赤ん坊の状態にまた戻れることになる。
何ものにも染まらない白の本質を知りながら、混沌とした黒い世界の立場を守ることができたなら、天下の模範となる。天下の模範となれば、一定不変の徳と少しも違うところがなく、極まりのない根源的なもの(「道」)にまた戻れることになる。
輝かしい栄光を知った上で、恥辱の立場を守ることができたら、天下の谷となる。天下の谷となれば、一定不変の徳がその身に満ち足りて、純朴なあら木(加工する前の純木)の状態にまた戻れる。
あら木が分けられると、さまざまな器ができる(さまざまな人材となる)。「道」と一体となっている聖人はこれを用いて、官の長とする。だから本当のよくつくるということは、あら木を細くしない(手を加えない)ことをいうのである。

【読み下し文】

其(そ)の雄(ゆう)を知(し)りて、其(そ)の雌(し)を守(まも)らば、天下(てんか)の谿(けい)(※)と為(な)る。天下(てんか)の谿(けい)と為(な)れば、常(つね)の徳(とく)(※)は離(はな)れず、嬰児(えいじ)に復帰(ふっき)す。
其(そ)の白(はく)を知(し)りて、其(そ)の黒(こく)を守(まも)れば、天下(てんか)の式(しき)(※)と為(な)る。天下(てんか)の式(しき)と為(な)れば、常(つね)の徳(とく)は忒(たが)わず、無極(むきょく)(※)に復帰(ふっき)す。
其(そ)の栄(えい)を知(し)りて、其(そ)の辱(じょく)を守(まも)れば、天下(てんか)の谷(たに)と為(な)る。天下(てんか)の谷(たに)と為(な)れば、常(つね)の徳(とく)は乃(すなわ)ち足(た)り、樸(ぼく)に復帰(ふっき)す。
樸(ぼく)は散(さん)ずれば、則(すなわ)ち器(き)と為(な)る。聖人(せいじん)は、これを用(もち)いて、則(すなわ)ち官(かん)の長(ちょう)(※)と為(な)す。故(ゆえ)に大制(たいせい)(※)は割(さ)かず。

  • (※)谿……厳密にははっきりしないが、一応、谿は細くて狭い山あいの谷。谷が大きい川が流れているところと考えられている。
  • (※)常の徳……一定不変の徳。絶対不変の徳。體衟第一「常の道」参照。
  • (※)式……手本。益謙第二十二参照。
  • (※)無極……極まりのない根源的なもの、すなわち「道」を意味する。
  • (※)官の長……百官のそれぞれの長とも、百官の長(君主)ともとれる。本書では後者をとった。
  • (※)大制……本当のよくつくるということ。「制」とは、ほどよく切って人やものを仕立てていくことをいう。

【原文】

反朴第二十八

知其雄、守其雌、爲天下谿。爲天下谿、常德不離、復歸於嬰兒。
知其白、守其黑、爲天下式。爲天下式、常德不忒、復歸於無極。
知其榮、守其辱、爲天下谷。爲天下谷、常德乃足、復歸於樸。
樸散則爲器。聖人用之、則爲官長。故大制不割。

「目次」はこちら


【単行本好評発売中!】

この本を購入する
シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印