Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第32回

聖德第三十二

2019.01.21更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。
「もくじ」はこちら

聖德第三十二

32 止まることを知っている者は、危険な目に遭うことはない

【現代語訳】

「道」はいつも名がない。まだ手を加えていないあら木は、小さくても世の中でこれを支配できるものはいない。
諸侯や王たちが、これをわかって守れるならば、万物は自ずから従うようになるだろう。天と地は相い合して瑞祥(ずいしょう)の甘露(かんろ)を降らせ、人々は命令されなくても自然にまとまるであろう。
手を加えていないあら木が切られ、器がつくられ始めると名がつけられる。名ができたならば、そこから差別が出てくるので、それを思いとどまることが求められる。とどまることを知っていると、危険に遭うことはなくなる。「道」がこの世にあるさまをたとえてみると、いわば川や谷の水が大河や海に流れていくようなものである。

【読み下し文】

道(みち)は常(つね)に名(な)無(な)し。樸(ぼく)は小(しょう)なりと雖(いえど)も、天下(てんか)に能(よ)く臣(しん)とする莫(な)し。
侯王(こうおう)若(も)し能(よ)くこれを守(まも)らば、万物(ばんぶつ)は将(まさ)に自(おの)ずから賓(ひん)(※)せんとす。天地(てんち)相(あい)い合(がっ)して以(もっ)て甘露(かんろ)(※)を降(くだ)し、民(たみ)はこれに令(れい)する莫(な)くして而(しか)も自(おの)ずから均(ひと)し。
始(はじ)めて制(せい)(※)して名(な)有(あ)り。名(な)亦(ま)た既(すで)に有(あ)り、夫(そ)れ亦(ま)た将(まさ)に止(とど)まることを知(し)らんとす。止(とど)まることを知(し)らば、殆(あや)うからざる所以(ゆえん)なり。
道(みち)の天下(てんか)に在(あ)るを譬(たと)うれば、猶(な)お川谷(せんこく)の江海(こうかい)(※)に於(お)けるがごとし。

  • (※)賓……従うようになること。帰すること。
  • (※)甘露……天から与えられる甘い不老不死の霊薬。中国古来の伝説では、天子が仁政を行うめでたい前兆として天から降るという(『国語大辞典』小学館)。
  • (※)制……樸(あら木)を裁断して器物をつくる。
  • (※)江海……大河と海。ここでは「道」を江海にたとえている。「道」と天下の関係は、あたかも江海と川谷との関係のようなものであるとする。

【原文】

聖德第三十二

道常無名。樸雖小、天下莫能臣。
侯王若能守之、萬物將自賓。天地相合以降甘露。民莫之令而自均。
始制有名。名亦既有、夫亦將知止。知止、所以不殆。
譬道之在天下、猶川谷之於江海

「目次」はこちら


【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印