Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

スポンサーリンク

「売り手市場」時代の 新しい採用戦略 ハローワーク採用の絶対法則

第13回

ハローワーク内でできる無料の「ミニ企業説明会」

2018.07.06更新

読了時間

【この連載は…】未曽有の「売り手市場」時代に、お金をかけずに“欲しい人材”の獲得に成功している中小企業がある。誰もが見落としていた「新しい採用戦略」とは何か? 日本唯一の「ハローワーク求人専門社労士」が教える、0円で優秀な人材を採用するハローワーク徹底活用術!

ハローワーク内でできる無料の「ミニ企業説明会」

 ハローワークの施設内で、直接、求職者と面談や面接ができる機会を作ることができます。こちらも無料です。
(図3-7)は、以前ハローワーク品川の1階エントランスロビーにて行われた、企業PRコーナーを設けることができ、企業と求職者の出会いの場として活用できる「ハロワdeメッセ」の案内です。

図3-7 ハローワーク内での「会社説明会」

出典:ハローワーク品川

 求職者にとってはハローワーク内で行われる説明会や面接会には一定の安心感があります。また、これらは出展料が無料なだけでなく、ハローワーク内での開催告知やハローワークのサイトなどでの案内も、すべて無料なのです。自社のホームページやSNSなどと連動させれば、さらなる効果が期待できます。

 ここまでの話を聞いている限りでは、就職活動に熱心な求職者とたくさん出会えるのでは?と期待されるのですが、ハローワークに来所される方の人数自体が現在は減少していることや、失業保険を受給するための求職活動実績を作ることが目的の方も少なからずいらっしゃるので、過度な期待をして出展されると、「あれっ?」と感じることもあるかと思います。
 ただ、現在少なくなってきたとはいえ、失業保険を申請するため定期的に求職者はハローワークに来所しますし、説明会ではハローワークに求人を出しているだけではあり得ないような出会いがあるかもしれません。出会いがないと自分の部屋の中で嘆いていても新しい出会いが訪れることがないように、積極的に外へ出て求職者と接する機会を作り出していきましょう。
 私がハローワークで勤務していたときの感覚では、今まで利用したことがない初めての企業のほうが、効果が高いように思われます。というのも、今まではこのようなハローワーク内での説明会に出展される企業は限られていたことなどもあり、新鮮味に欠けていたからです。このような仕組みの存在が広まれば、出展企業の業種や職種も広がり、立ち寄られる求職者の人数も増え、結果として今まで出展していた企業にも、恩恵が回ってくることでしょう。
 ハローワークでは、介護や看護、建設など、業界や職種、対象を絞った説明会が行われることもあります。詳細は最寄りのハローワークにぜひ、お問い合わせいただければと思います。

この本の構成

はじめに
第1章 ハローワークだからこそ、欲しい人材は採用できる
第2章 初めてハローワークで求人を出す人のための基礎知識
第3章 無料でここまでできる!ハローワーク求人の仕組み
第4章 欲しい人材を引き寄せるハローワーク求人票の書き方
第5章 ハローワーク採用の絶対法則
第6章 他社と圧倒的微差を作る13のポイント
おわりに

【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

五十川将史

日本唯一のハローワーク求人専門社会保険労務士。ウエルズ社会保険労務士事務所代表。1977年、岐阜県生まれ。明治大学卒。大手食品スーパー店長、民間企業の人事担当者、ハローワーク勤務を経て、社労士の資格を取得し、独立。税理士会、金融機関、商工会議所、地域産業支援機関、日本FP協会等に向けた講演・セミナー・研修を年間60回超、受講者は3000名を超える。

矢印