Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

第3回

「勉強ができる=頭がいい」なのか?

2019.06.13更新

読了時間

齋藤孝先生の最新刊は「頭のよさ」の本! 6月5日発売!「頭がいい」とは脳の「状態」なのです。頭のはたらきがいいときは、目の前の問題が簡単に解決できるし、未来を楽しく創り出していくことができる。すっきりと気分もいい。そんな状態のときをどんどん増やしていくにはどうしたらいいか?本書で詳しく解説します。
「目次」はこちら

 学校生活を軸にした毎日を送るきみたちは、テストの点数だとか成績だとか偏差値というもので評価され、判定されています。
 目に見える数字のかたちで、突きつけられている。
 だから、「勉強ができる、できない」が、頭のよさを測る絶対的な「ものさし」であるかのように思えます。
 だけど、じつはそうじゃないんです。
 学生という立場が終わって社会人になると、頭のよさを測るものさしが、突然変わります。「勉強ができること」から、「社会に適応できること」に切り替わるんです。

 ぼくは、勉強ができるのはいいことだと思っています。できないよりは、できたほうがいい。
 だけど、勉強ができれば社会に出てからも「頭のいい人」としてやっていけるかと言うと、そうとは限りません。社会に適応できなければダメなんです。
 たとえば、一流大学を出て就職したけれど、まわりの人とうまくコミュニケーションがとれない人がいます。いま何をすることが求められているのかもピンときていない。こういう人は、
「勉強はたくさんしてきたかもしれないけれど、使えないやつだ」
 と言われてしまいます。
 それまでずっと「勉強ができる」「頭がいいね」「すごいね」とほめられつづけてきたのが、社会に出たとたん、一気に地に落とされる。プライドがズタズタになってしまいます。
 あるいは、すごい学歴をもち、社会的に高い地位についていながら、法を犯してしまうような人もいます。ときどきニュースになりますよね、「自分さえよければいい」という気持ちで、社会のルールに反することを平然とやってしまう人。
 どんなに勉強のできた秀才でも、人としてやっていいことといけないことの判断がつかないのは、本質的なところで頭がよくない、と言わざるを得ません。
 
「目次」はこちら

 

【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

著者

齋藤 孝

1960年静岡県生まれ。明治大学文学部教授。東京大学法学部卒。専門は教育学、身体論、コミュニケーション技法。『身体感覚を取り戻す』(NHK出版)で新潮学芸賞受賞。『声に出して読みたい日本語』(草思社)で毎日出版文化賞特別賞を受賞。『語彙力こそが教養である』(KADOKAWA)、『大人の語彙力ノート』(SBクリエイティブ)などベストセラーも多数。著書発行部数は1000万部を超える。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

矢印