Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

第14回

ポジティブな自己対話は、エフィカシーも高めてくれる

2019.05.16更新

読了時間

臆病、意地っ張り、せっかち…。あなたは自分の「性格」に苦労していませんか? 性格は変えられないというのはじつはウソ。性格とは、人が生きていく上で身に付けた「対人戦略」なのです。気鋭の認知科学者である苫米地英人博士が、性格の成り立ちや仕組み、変え方などを詳しく解説します。
「目次」はこちら

 ポジティブな自己対話は、エフィカシーのレベルも引き上げてくれます。
 エフィカシー(efficacy)とは、「自分の目標達成能力に対する自己評価」のことです。
 これに対し、「自分の存在そのものに対する自己評価」のことを「セルフ・エスティーム(self-esteem)」といいます。

 マイナスの自己対話を行う人は、エフィカシーも低くなりがちです。
 たとえば、コンペで負けたときに「やっぱりダメだった。自分の発想力のなさが嫌になる」と思ったり、同僚との出世競争に敗れたときに「自分には行動力も統率力もないからなあ」と思ったりすると、やはり脳がその情報をインプットしてしまい、どんどんエフィカシーを下げてしまうのです。
 すると、この人にとっては、「ダメな自分」がコンフォート・ゾーンになり、ホメオスタシスがそこに向かって作用するため、ますます行動ができなくなり、発想も浮かばなくなるという悪循環が起こりやすくなります。
 しかし、ポジティブな自己対話を繰り返していると、エフィカシーが高くなり、自分自身に対し、「発想力も行動力も統率力もある、優れた人間である」といった評価を下せるようになります。
 するとホメオスタシスの作用が変わり、ますます行動力や発想力を発揮しやすくなっていきます。

 それだけではありません。
 エフィカシーが高まると、スコトーマのあり方も変わります。

 スコトーマ(scotoma)とは、「心理的な盲点」のことです。

 すでにお話ししたように、人間の脳は、重要だと判断した情報しか認識しません。
 その結果、人間の認識には、知らず知らずのうちに、スコトーマが生まれます。
 たとえば、「雑誌を目で追っていても、興味のない情報はまったく入ってこない」といった具合に、脳が重要だと判断しなかった情報については、見ているのに気づかなかったり、視界に入っているのに認識できなかったりするのです。

「自分は、発想力も行動力も統率力もない、ダメな人間である」という低いエフィカシーを持っている人は、「どんなアイデアを出せばいいか」「どうすれば効果的に動けるか」「人をどう束ね、どう動かせばいいか」といったことがすべて、スコトーマに隠れて、見えなくなってしまいます。
 脳が、発想力や行動力、統率力に関することを「必要でないこと」「重要でないこと」と判断するからです。

 ところが、「自分は、発想力も行動力も統率力もある、優れた人間である」という高いエフィカシーを持っている人の場合は、逆に「新しいアイデアなんてあるはずがない」「時間がない」「面倒くさい」など、「仕事の進行を阻むような思考」がスコトーマに隠れ、見えなくなります。
 脳が、それらを「必要でないこと」「重要でないこと」と判断するからです。

 このように、ポジティブな自己対話は、まず自己イメージをプラスに変え、エフィカシーを高くしてくれます。
 さらに、スコトーマのあり方が変わり、入ってくる情報の内容やレベルが変わり、物事をスムーズに進められるようになります。
 それによって、低いところにあったコンフォート・ゾーンが高いところに移動し、「プラスの自己イメージを持ち、エフィカシーが高く、物事がスムーズに進む状態」に居心地の良さを感じるようになり、ホメオスタシスがそこに向かって作用するようになります。
 そのため、エフィカシーがますます下がりにくくなるという、前向きな循環が生まれるのです。

■ ポイント

・ポジティブな自己対話を続けていると、自己評価も高くなる。
・自己評価が低いと、いいアイデアがスコトーマ(=盲点)に隠れて見えなくなっている。
・自己評価を高めれば、ホメオスタシスの作用で、物事が前向きにうまく回りだす。

 

「目次」はこちら

 

【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

苫米地 英人

1959年、東京都生まれ。認知科学者、計算機科学者、カーネギーメロン大学博士(Ph.D)、カーネギーメロン大学CyLab兼任フェロー。マサチューセッツ大学コミュニケーション学部を経て上智大学外国語学部卒業後、三菱地所にて2年間勤務し、イェール大学大学院計算機科学科並びに人工知能研究所にフルブライト留学。その後、コンピュータ科学の世界最高峰として知られるカーネギーメロン大学大学院に転入。哲学科計算言語学研究所並びに計算機科学部に所属。計算言語学で博士を取得。徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、通商産業省情報処理振興審議会専門委員などを歴任。

矢印