Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

論語 全文完全対照版 野中根太郎

第154回

403話~405話

2017.03.07更新

読了時間

【 この連載は… 】 毎日数分で「東洋最大の教養書」を読破しよう! 『超訳 孫子の兵法』の野中根太郎氏による、新訳論語完全版。読みやすく現代人の実生活に根付いた超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。

403 よい風習は残していきたい


【現代語訳】

先生は言われた。「私の若いころには、史官が記録する時、わからないところは空白にしておいて、後の調査を待ったものだ。また、馬を持っている者は、人によく貸して乗せてやったものである。これらの風習は、今はなくなってしまったようだ」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、吾(われ)は猶(な)お史(し)(※)の闕文(けんぶつ)に及(およ)ぶ。馬(うま)有(あ)る者(もの)は人(ひと)に借(か)して之(これ)に乗(の)らしむる。今(いま)は則(すなわ)ち亡(な)きかな。


(※)史……朝廷の記録係。史官。


【原文】

子曰、吾猶及史之闕文也、有馬者借人乘之、今則兦矣夫、


404 小さなことをがまんできなければ、大きな目的は達成できない


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「言葉がうまい人は徳がなくなっていく。小さいことをがまんできない人は、大きな目的を達成することができない」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、巧言(こうげん)は徳(とく)を乱(みだ)る(※)。小(しょう)を忍(しの)ばざれば、則(すなわ)ち大謀(たいぼう)を乱(みだ)る(※)。


(※)徳を乱る……徳がなくなる。

(※)大謀を乱る……大きな事が達成できない。


【原文】

子曰、巧言亂德、小不忍、則亂大謀、


405 自分で必ず確かめる


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「大勢の人が悪く言っていても、必ず自分でよく調べなくてはならない。大勢の人がよいと言っていても、必ず自分でよく調べなくてはならない」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、衆(しゅう)、之(これ)を悪(にく)むは、必(かなら)ずこれを察(さっ)(※)し、衆(しゅう)、之(これ)を好(この)むも、必(かなら)ずこれを察(さっ)す。


(※)察……真実をよく観察して見極めること。


【原文】

子曰、衆惡之必察焉、衆好之必察焉、


【単行本好評発売中!】この連載が本になりました。全国書店もしくはネット書店にてご購入ください。

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印