Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

論語 全文完全対照版 野中根太郎

第175回

451話~452話

2017.04.06更新

読了時間

【 この連載は… 】 毎日数分で「東洋最大の教養書」を読破しよう! 『超訳 孫子の兵法』の野中根太郎氏による、新訳論語完全版。読みやすく現代人の実生活に根付いた超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。

451 よくないものに染まらないようにしてほしい


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「間色である紫が、正色である朱(赤)を圧倒してしまうように、正が邪に負かされることを私は憎む。俗悪な鄭の国の音楽が、正当な雅楽を乱してしまうのも憎い。口のうまい者が、国を転覆させようとするのも憎い」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、紫(むらさき)(※)の朱(しゅ)(※)を奪(うば)うを悪(にく)む。鄭声(ていせい)の雅楽(ががく)を乱(みだ)すを悪(にく)む。利口(りこう)(※)の邦家(ほうか)を覆(くつがえ)す者(もの)を悪(にく)む。


(※)紫……間色を混ぜ合わせてつくる濃艶な色。桓公がこの色を好み、春秋時代末に人々の間で流行したという。孔子は正色である朱を正と見立て、間色である紫を邪と見立て、邪が正に勝つのを苦々しく思って、紫の流行を批判したのである。

(※)朱……赤。正色の一つ。青、赤、黄、白、黒を正色という。孔子は正が邪に勝つことを願って、正色を好み間色を嫌った。

(※)利口……口がうまく邪を正、黒を白と言いなす者。


【原文】

子曰、惡紫之奪朱也、惡鄭聲之亂雅樂也、惡利口之覆邦家者、


452 言葉だけでなく行為の中にも教えをみてほしい


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「私は言うことをやめようと思う」。

それを聞いて子貢は言った。「先生が何もおっしゃらないなら、私たち弟子は何を述べ伝えていけばよいのでしょうか」。

先生は言われた。「天は何か物を言うだろうか、何も言わないのに四季はめぐり、万物も成長している。天は何か物を言うだろうか」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、予(われ)は言(い)うこと無(な)からんと欲(ほっ)す。子貢(しこう)曰(いわ)く、子(し)如(も)し言(い)わずんば、則(すなわ)ち小子(しょうし)何(なに)をか述(の)べん。子(し)曰(いわ)く、天(てん)何(なに)をか言(い)わんや。四時(しじ)(※)行(おこな)われ、百物(ひゃくぶつ)(※)生(しょう)ず。天(てん)何(なに)をか言(い)わんや。


(※)四時……四季。

(※)百物……万物。


【原文】

子曰、予欲無言、子貢曰、子如不言、則小子何述焉、子曰、天何言哉、四時行焉、百物生焉、天何言哉、



*452話が長文のため、今回は2話のみの掲載となります。



【単行本好評発売中!】この連載が本になりました。全国書店もしくはネット書店にてご購入ください。

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印