Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第3回

安民第三

2018.12.06更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。

安民第三

3 政治は人々に干渉しないのがいい

【現代語訳】

人の賢愚は相対的なものであって一つに決めつけることはできない。それなのに為政者の都合で賢を決めつけてしまいがちだが、ある一方の面での賢を重視しなければ、人々は争わなくなる。同じく手に入れにくい財宝などの品も、それを貴(たっと)ばなければ、人々は盗みなどしなくなる。欲望を見せなくすれば、人々は心を乱すことはなくなる。
こうして「道」と一体となっている聖人が政治を行うときは、人々の心をつまらない考え、知識で満たされないように空(から)っぽにさせ、腹いっぱいに食べさせ、人々の志がつまらない欲にとらわれないように弱め、身体を健康で強くするのである。いつも人々がつまらない欲と知識をもたない状態にさせ、いわゆる知者たちが人々をたぶらかさないようにするのである。このように、無為の政治をしていれば、うまく治まっていくのだ。

【読み下し文】

賢(けん)を尚(たっと)ばざれば(※)、民(たみ)をして争(あらそ)わざらしむ。得難(えがた)きの貨(か)を貴(たっと)ばざれば、民(たみ)をして盗(ぬす)みを為(な)さざらしむ。欲(ほっ)すべきを見(しめ)さざれば、民(たみ)の心(こころ)をして乱(みだ)れざらしむ。
是(ここ)を以(もっ)て聖人(せいじん)の治(ち)は、其(そ)の心(こころ)を虚(むな)しくして其(そ)の腹(はら)を実(み)たし、其(そ)の志(こころざし)を弱(よわ)くして其(そ)の骨(ほね)を強(つよ)くす。常(つね)に民(たみ)をして無知無欲(むちむよく)ならしめ、夫(か)の知者(ちしゃ)をして敢(あ)えて為(な)さざらしむ。無為(むい)を為(な)せば、則(すなわ)ち治(おさ)まらざる無(な)し。

  • (※)賢を尚ばざれば……賢を文字通り賢いとするのでなく、老子の考えは、賢愚というものは相対的であって決めつけると世の中は間違ってしまうと見ていると思われる。確かにペーパーテストでの上位者が世の中すべてを動かしたとしても、果たして正しい政治が行われるのか疑問である。老子の問題提起は鋭い。よって、本章を愚民政策の論と決めつける説には賛成できない。

【原文】

安民第三

不尙賢、使民不爭。不貴難得之貨、使民不爲盜。不見可欲、使民心不亂。
是以聖人治、虛其心、實其腹。弱其志、強其骨、常使民無知無欲、使夫知者不敢爲也。爲無爲、則無不治。


【単行本予約受付中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印