Facebook
Twitter
RSS
全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第78回

任信第七十八

2019.03.28更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。
「もくじ」はこちら

任信第七十八

78 正言は反するがごとし

【現代語訳】

世のなかに、水よりも柔らかで弱々しいものはない。しかし、堅くて強いものを攻めるには、水より勝るものはない。水の性質を変えるものなどないからである。
弱々しいものがかえって強いものに勝ち、柔らかなものがかえって剛のものに勝つということは天下の誰もが知っているが、それを自分自身で実行するものはいない。
それゆえ「道」と一体となっている聖人は言う。「国の屈辱を自分の身に引き受ける人を、社稷(国)の主といい、国の災厄を自分の身に引き受ける人を天下の王という」と。本当に正しい言葉というのは、常識とは反対のように聞こえるものだ。

【読み下し文】

天下(てんか)に水(みず)より柔弱(じゅうじゃく)なるは莫(な)し。而(しか)も堅強(けんきょう)を攻(せ)むる者(もの)、これに能(よ)く勝(まさ)る莫(な)し。其(そ)の以(もっ)てこれを易(か)うる無(な)きを(※)以(もっ)てなり。
弱(じゃく)の強(きょう)に勝(か)ち、柔(じゅう)の剛(ごう)に勝(か)つは、天下(てんか)知(し)らざる莫(な)きも、能(よ)く行(おこな)う莫(な)し。
是(ここ)を以(もっ)て聖人(せいじん)は云(い)う、国(くに)の垢(あか)(※)を受(う)く、是(こ)れを社稷(しゃしょく)(※)の主(しゅ)と謂(い)い、国(くに)の不祥(ふしょう)(※)を受(う)く、是(こ)れを天下(てんか)の王(おう)と謂(い)う、と。正言(せいげん)は反(はん)するが若(ごと)し。

  • (※)これを易(か)うる無きを……これを「これに易(か)わるもの無きを」と読み、「水に代わるものなどない」と解釈する説もある。
  • (※)垢……あか、けがれ、よごれ。
  • (※)社稷……「社」は土地の神、「稷」は五穀の神をいう。その祭祀が重要であったことから、国を意味するようになった。
  • (※)不祥……災厄、不吉の意味。

【原文】

任信第七十八

天下莫柔弱於水、而攻堅強者莫之能勝、其無以易之。
弱之勝強、柔之勝剛、天下莫不知、莫能行。
是以聖人云、受國之垢、是謂社稷主、受國之不祥、是謂天下王。正言若反。

「目次」はこちら


【単行本好評発売中!】

この本を購入する
シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印