Facebook
Twitter
RSS
全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第68回

配天第六十八

2019.03.13更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。
「もくじ」はこちら

配天第六十八

68 不争の徳

【現代語訳】

「道」を身につけた立派な人は、武に頼らない(猛々(たけだけ)しくない)。本当にうまく戦う人というのは、決して怒らない。うまく敵に勝つ人というのは、敵と正面から争うことをしない。うまく人を用いる人というのは、相手にへりくだっているものだ。こういうのを「不争の徳」といい、また「人の力を利用する」という。そしてこれを「天と合致する在り方」という。昔からの法則である。

【読み下し文】

善(よ)く士(し)たる者(もの)は武(ぶ)ならず。善(よ)く戦(たたか)う者(もの)(※)は怒(いか)らず。善(よ)く敵(てき)に勝(か)つ者(もの)は与(とも)にせず(※)。善(よ)く人(ひと)を用(もち)うる者(もの)はこれが下(した)と為(な)る。是(こ)れを不争(ふそう)そうの徳(とく)(※)と謂(い)い、是(こ)れを人(ひと)の力(ちから)を用(もち)うと謂(い)い、是(こ)れを天(てん)に配(はい)す(※)と謂(い)う。古(いにしえ)の極(きょく)(※)なり。

  • (※)善く戦う者……本当にうまく戦う者。兵法書の最高峰である『孫子』にも「善く戦う者」や「善く兵を用いる者」という表現は多い。また老子と同じように、戦わないで勝つという不戦の方法もすすめている。「百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり」など(拙著『全文完全対照版 孫子コンプリート』謀攻篇参照)。
  • (※)与にせず……関係しない。ここでは敵と正面から争うことはしないの意味。
  • (※)不争の徳……争わないことでうまくいくという徳で老子の基本思想の一つ。易性第八、益謙第二十二、後己第六十六、任爲第七十三など参照。
  • (※)配す……合致する。かなう。
  • (※)古の極……昔からの法則。在り方。決まり。

【原文】

配天第六十八

善爲士者不武、善戰者不怒、善勝敵者不與、善用人者爲之下。是謂不爭之德、是謂用人之力、是謂配天、古之極。

「目次」はこちら

 

【単行本好評発売中!】

この本を購入する
シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印