Facebook
Twitter
RSS

第100回

73〜75話

2020.05.25更新

読了時間

 「超訳」本では軽すぎる、全文解説本では重すぎる、菜根譚の全体像を把握しながら通読したい人向け。現代人の心に突き刺さる「一文超訳」と、現代語訳・原文・書き下し文を対照させたオールインワン。
「目次」はこちら

73 冷静に対処すれば無駄な戦いはしないで済む


【現代語訳】
権力のある人たちは龍が躍り上がるように、英雄たちは虎が荒れ狂うように、互いに龍虎の戦いをしている。しかし、これを冷静な目で見れば、蟻が生臭いものに群がり、蠅が生きものの血にたかるのと似たようなものである。また、善し悪しの議論は蜂の大群のように沸き起こり、利害得失は蝟(はりねずみ)の毛のように一斉に起こる。しかし、これらは冷静に対処すれば、鋳型に入れて金属を溶かしたり、湯が雪を消すように解決できる。

【読み下し文】
権貴(けんき)(※)龍驤(りゅうじょう)(※)し、英雄(えいゆう)虎(こ)戦(せん)す。冷眼(れいがん)を以(もっ)て之(これ)を視(み)れば、蟻(あり)の羶(せん)(※)に聚(あつ)まるが如(ごと)く、蠅(はえ)の血(ち)に競(きそ)うが如(ごと)し。是非(ぜひ)蜂起(ほうき)し、得失(とくしつ)蝟興(いこう)(※)す。冷情(れいじょう)を以(もっ)て之(これ)に当(あ)たれば、冶(や)の金(きん)を化(か)するが如(ごと)く、湯(ゆ)の雪(ゆき)を消(け)すが如(ごと)し。

(※)権貴……権力のある人たち。権門貴顕。権勢があり、位が高い人。
(※)龍驤……龍が躍り上がるように威勢を競うこと。
(※)羶……生臭いもの。
(※)蝟興……蝟(はり鼠)の毛のように一斉に起こること。

【原文】
權貴龒驤、英雄虎戰。以冷眼視之、如蟻聚羶、如蠅競血。是非蜂起、得失蝟興。以冷情當之、如冶化金、如湯消雪。

 

74 人間本来の生き方ができれば人生は楽しい


【現代語訳】
物欲にとらわれ縛られると、人生は悲しくなる。人間本来の本性のままに生きることができると、人生は楽しくなる。物欲にとらわれた人生がなぜ悲しいのかがわかると、欲望はすぐ消え、人間本来の生き方がなぜ楽しいのかがわかると、聖人の心境に自然と至ることができる。

【読み下し文】
物欲(ぶつよく)に覊鎖(きさ)(※)すれば、吾(わ)が生(せい)の哀(かな)しむべきを覚(おぼ)ゆ。性真(せいしん)(※)に夷猶(いゆう)(※)すれば、吾(わ)が生(せい)の楽(たの)しむべきを覚(おぼ)ゆ。其(そ)の哀(かな)しむべきを知(し)れば、則(すなわ)ち塵情(じんじょう)(※) 立(た)ちどころに破(やぶ)れ、其(そ)の楽(たの)しむべきを知(し)れば、則(すなわ)ち聖境(せいきょう)自(おの)ずから臻(いた)る(※)。

(※)覊鎖……とらわれ縛られる。なお、物欲にとらわれないことについては本書の前集73条、後集8条、42条、56条、75条など多く述べている。
(※)性真……人間の本性。天から与えられた人間本来の性質。なお、この語句については、本書の後集66条の「性天」参照。
(※)夷猶……ためらうこと。ここでは満足して安らいでいることを意味する。
(※)塵情……欲望。
(※)臻る……至る。

【原文】
覊鎻於物欲、覺吾生之可哀。夷猶於性眞、覺吾生之可樂。知其可哀、則塵情立破、知其可樂、則垩境自臻。

 

75 自分の正しい生き方がわかれば、それを一筋の光明として突き進む


【現代語訳】
心のなかに、少しの物欲もなくなったとすれば、雪が炉(いろり)のなかに入れるとすぐ消え、氷が陽の光で消えていくように、すべての執着は消えるようになる。また、目の前に一筋の光明があれば、月が天上に輝き、その月影が波に映るように、本来の正しい姿、あり方が見えてくる。

【読み下し文】
胸中(きょうちゅう)既(すで)に半点(はんてん)(※)の物欲(ぶつよく)無(な)ければ、已(すで)に雪(ゆき)の炉焰(ろえん)に消(き)え、氷(こおり)の日(ひ)に消(き)ゆるが如(ごと)し。眼前(がんぜん)自(おの)ずから一段(いちだん)の空明(くうめい)(※) 有(あ)れば、時(とき)に月(つき)、青天(せいてん)に在(あ)り、影(かげ)、波(なみ)に在(あ)るを見(み)る。

(※)半点……少しの。
(※)一段の空明……一筋の光明。清く明るい光。正しい生き方。私には似た発想の文章に思えるのが佐藤一斎の次の言葉である。「一灯(いっとう)を提(さ)げて暗夜(あんや)を行(い)く。暗夜(あんや)を憂(うれ)うこと勿(な)かれ。只(ただ)一灯(いっとう)を頼(たの)め」(『言志四録』)。一斎の言う「一灯」は、「一段の空明」ではないだろうか。

【原文】
胸中旣無半點物欲、已如雪消爐焰氷消日。眼歬自有一段空明、時見月在靑天影在波。

「目次」はこちら

【単行本好評発売中!】 
この本を購入する

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術─相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 老子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(以上、誠文堂新光社)などがある。

矢印