Facebook
Twitter
RSS

第86回

31〜33話

2020.04.30更新

読了時間

 「超訳」本では軽すぎる、全文解説本では重すぎる、菜根譚の全体像を把握しながら通読したい人向け。現代人の心に突き刺さる「一文超訳」と、現代語訳・原文・書き下し文を対照させたオールインワン。
「目次」はこちら

31 あくせくしないで生きる


【現代語訳】
名声を誇ることもいいが、名声を得ることにあくせくせず、うまく逃れようとする人には、人間的大きさや趣において及ばない。多くのことを手がけ、物にしていくのも悪くないが、やることを減らして余裕のある人には及ばない。

【読み下し文】
名(な)に矜(ほこ)るは、名(な)を逃(のが)るるの趣(おもむき)あるに若(し)かず。事(こと)を練(ね)るは、何(なん)ぞ事(こと)を省(はぶ)くの間(かん)(※)なるに如(し)かん。

(※)事を省くの間……やることを減らしていって余裕がある。なお、『老子』の忘知第四十八に「天下(てんか)を取(と)るは、常(つね)に無事(むじ)を以(もっ)てす。其(そ)の事(こと)有(あ)るに及(およ)びては、以(もっ)て天下(てんか)を取(と)るに足(た)らず」とある。本項の解釈においては、本書の後集2条および21条も参照。

【原文】
矜名、不若迯名趣。練事、何如省事閒。

 

32 どんなときも自分の生き方を貫いて人生を楽しむ


【現代語訳】
世俗を離れて静けさを好む人は、流れる雲や物静かな石を見て、玄(宇宙の奥深い微妙なはたらき)に通じた気分を味わう。一方、華やかさを好む人は、清らかな歌や美しい舞を楽しみ、あきることを知らない。これに対し、正しい道を自得した人は、静けさやにぎやかしさには関係なく、また、自分の人生が上り調子であろうが下り調子であろうが気にすることなく、自分の生き方を貫いて人生を楽しむ。どこにいても、自分の思うように悠然と生きられる天地でないところはないのだ。

【読み下し文】
寂(じゃく)を嗜(たしなむ)者(もの)は、白雲幽(はくうんゆう)石(せき)を観(み)て玄(げん)(※)に通(つう)じ、栄(えい)に趨(はし)る者(もの)は、清歌(せいか)妙舞(みょうぶ)を見(み)て倦(う)むを忘(わす)る。唯(た)だ自得(じとく)の士(し)のみは、喧寂(けんじゃく)無(な)く、栄枯(えいこ)無(な)く、往(ゆ)くとして自適(じてき)の天(てん)(※)に非(あら)ざるは無(な)し。

(※)玄……『老子』の體道第一にある言葉。老子は次のように言う。「故(ゆえ)に常(つね)に無(む)欲(よく)にして以(もっ)て其(そ)の妙(みょう)を観(み)、常(つね)に有欲(ゆうよく)にして以(もっ)て其(そ)の徼(きょう)を観(み)る。此(こ)の両者(りょうしゃ)は、同(おな)じきに出(い)でて而(しか)も名(な)を異(こと)にす。同(おな)じきを之(これ)を玄(げん)と謂(い)い、玄(げん)の又(ま)た玄(げん)は衆妙(しゅうみょう)の門(もん)なり」。玄について私は、「奥深い微妙なはたらき」と一応の訳をつけている(『全文完全対照版 老子コンプリート』参照)。
(※)自適の天……自分の思うように悠然と生きられる天地。本項の解釈については、本書の後集128条参照。

【原文】
嗜寂者、觀白雲幽石而通玄、趨榮者、見淸歌妙舞而忘倦。唯自得之士、無喧寂、無榮枯、無徃非自適之天。

 

33 まわりにまったくとらわれない姿はすばらしい


【現代語訳】
一つの雲が、山のほら穴から生まれ出るのが見える。その雲は、まったく何ものにもとらわれることなく、自由気ままに流れている。また、美しい鏡のような月が、空にかかっている。その月は、下界が騒がしかろうが、静かであろうが、まったく気にすることなく輝き、下界を照らしている。

【読み下し文】
狐雲(こうん)、岫(しゅう)(※)を出(い)づる、去留(きょりゅう)、一(いつ)も係(かか)る所(ところ)無(な)し。朗鏡(ろうきょう)、空(そら)に懸(かか)る、静躁(せいそう)、両(ふた)つながら相(あい)干(おか)さず。

(※)岫……山のほら穴。

【原文】
孤雲出岫、去留一無所係。朗鏡懸空、靜躁兩不相干。

「目次」はこちら

【単行本好評発売中!】 
この本を購入する

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術─相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 老子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(以上、誠文堂新光社)などがある。

矢印