Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第19回

還淳第十九

2018.12.31更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。
「もくじ」はこちら

還淳第十九

19 さかしらな知恵、才能など必要ない

【現代語訳】

英知、さかしらな才能などを決して使わず、知恵分別を去(す)てるならば、無駄な争いなど何もなくなり人々の利益は百倍にもなる。仁や義などという徳を絶って、強制しなければ人々の孝心や慈愛ももとに戻るであろう。技巧や便利さを追求することをなくしたら、盗賊はいなくなるだろう。
この三つのことは、まだ説明が足りないので、さらに加えてみる。すなわち外面は素地のままで、内面はあら木のようにし、私心を減らし、欲を少なくしていくのだ。

【読み下し文】

聖(せい)(※)を絶(た)ち智(ち)を棄(す)てば、民(たみ)の利(り)は百倍(ひゃくばい)す。仁(じん)を絶(た)ち義(ぎ)を棄(す)てば、民(たみ)は孝慈(こうじ)に復(ふく)す。巧(こう)を絶(た)ち利(り)を棄(す)てば(※)、盗賊(とうぞく)の有(あ)ること無(な)し。
此(こ)の三者(さんしゃ)は、以(もっ)て文(ぶん)と為(な)すに足(た)らず、故(ゆえ)に属(つ)ぐ所(ところ)有(あ)らしめん。素(そ)(※)を見(あら)わし樸(ぼく)を抱(いだ)き、私(し)を少(すく)なくし欲(よく)を寡(すく)なくす。

  • (※)聖……ここでの聖は、英知、優れた才能、さかしらな才能を指す。老子の他の章ではすべて「聖人」とされているが、本章では「聖」という文字だけである。聖人と解する説もあるが、やはり分けて考えたほうが明快である。
  • (※)巧を絶ち利を棄てば……安民第三参照。技術を革新させ、便利さを追求することは文明や現代の資本主義社会の根本だが、一方で人々の射倖心を刺激し、盗みなどの弊害も出てくる。老子の文明批判の一つである。
  • (※)素……染めていない生地のまま。素地のまま。

【原文】

還淳第十九

絕聖棄智、民利百倍。絕仁棄義、民復孝慈。絕巧棄利、盜賊無有。
此三者、以爲文不足、故令有所屬。見素抱樸、少私寡欲。

「目次」はこちら


【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印