Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第5回

虛用第五

2018.12.10更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。
「もくじ」はこちら

虛用第五

5 無心のすすめ(空っぽの心を守る)

【現代語訳】

天地には、仁など(人の考え出した徳)はない。万物をわらでつくった犬のように扱うのである。また聖人も仁などの徳はない。やはり人々をわらの犬のように扱い用が済めばそれを放任している。
天と地の間のこの世界は、いわば風を送り出す吹子(ふいご)(※)のようなものであろうか。空っぽだが、その中から万物は尽き果てることなく生まれ、動けば動くほどますます生まれてくる。
言葉が多いと、しばしば行きづまる。だまって空っぽの心を守っていくに限る。

  • (※)吹子……かじ屋や鋳物師(いもじ)が火力を上げるときに使う送風器。槖籥。

【読み下し文】

天地(てんち)は仁(じん)(※)ならず、万物(ばんぶつ)を以(もっ)て芻狗(すうく)(※)と為(な)す。聖人(せいじん)は仁(じん)ならず、百姓(ひゃくせい)を以(もっ)て芻狗(すうく)と為(な)す。
天(てん)と地(ち)との間(あいだ)は、其(そ)れ猶(な)お橐籥(たくやく)のごときか。虚(むな)しくして屈(つ)きず、動(うご)きて愈〻(いよいよ)出(い)ず。多言(たげん)は数〻(しばしば)窮(きゅう)す、中(ちゅう)を守(まも)るに如(し)かず。

  • (※)仁……孔子が論語の中で、人間の最高の人格者、目指すべき徳としているもの。その内容は多岐にわたり、論語をすべて内包しているともいえる。簡単にいうと他人に一番適切な思いやりをすることのできる人格とでもいえようか。老子はここで、いわゆる儒家の仁を否定し、儒家批判ととれることを述べている。天地のはたらきは、仁などにしばられない「無心」のはたらきなのだという。聖人もそうであるとする。
  • (※)芻狗……わらの犬。祭礼に用いられ、用が済むとわらくずとして捨てられる。

【原文】

虛用第五

天地不仁、以萬物爲芻狗。聖人不仁、以百姓爲芻狗。
天地之閒、其猶橐籥乎。虛而不屈、動而愈出。多言數窮、不如守中。

「目次」はこちら


【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印