Facebook
Twitter
RSS
全文完全対照版 老子コンプリート 野中根太郎 訳

第52回

歸元第五十二

2019.02.19更新

読了時間

日本人の精神世界に多大な影響を与えた東洋哲学の古典『老子』。万物の根源「道」を知れば「幸せ」が見えてくる。現代の感覚で読める超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。
「もくじ」はこちら

歸元第五十二

52 欲望に従って事を成していけば一生救われない

【現代語訳】

天下の万物には、それを生み出した根源たる始めがあり、それが天下の母である。その母、つまり「道」を把握したなら、その子たる「万物」のこともわかる。その子供をわかり、その母を守っていくならば、死ぬまで危険なことはなくなる。目や耳や鼻や口などの穴をふさいで、欲望の元となる外的情報の入り口を閉じたなら一生、疲れることはなくなる。逆にそれらの穴を開いて欲望を入れて事を成していけば、一生救われないこととなる。
小さなものまで見ることができるのを明といい、柔弱な態度を守っていくことを強という。その光を用いて、明の状態に立ち戻れば、我が身に災いが起こることなどない。これを習常というのである。

【読み下し文】

天下(てんか)に始(はじ)め有(あ)り、以(もっ)て天下(てんか)の母(はは)と為(な)す。既(すで)に其(そ)の母(はは)を得(え)て、以(もっ)て其(そ)の子(こ)を知(し)る。既(すで)に其(そ)の子(こ)を知(し)り、復(ま)た其(そ)の母(はは)を守(まも)らば、身(み)を没(ぼっ)するまで殆(あや)うからず。其(そ)の兌(あな)(※)を塞(ふさ)ぎ、其(そ)の門(もん)(※)を閉(と)ざせば、終身(しゅうしん)勤(つか)れず(※)。其(そ)の兌(あな)を開(ひら)き、其(そ)の事(こと)を済(な)せば、終身(しゅうしん)救(すく)われず。
小(しょう)を見(み)るを明(めい)(※)と曰(い)い、柔(じゅう)を守(まも)るを強(きょう)(※)と曰(い)う。其(そ)の光(ひかり)を用(もち)いて、其(そ)の明(めい)に復帰(ふっき)せば、身(み)の殃(わざわい)を遺(のこ)す無(な)し。是(こ)れを習常(しゅうじょう)(※)と謂(い)う。

  • (※)兌……目、耳、口、鼻など感覚器官の穴のこと。
  • (※)門……欲望を起こす心の門のこと。
  • (※)勤れず……「勤」は労の意味で、疲れる、苦労しないこと。
  • (※)明……小さいことでも見つけることができること。心の知恵。
  • (※)強……ここでは、柔軟な態度を守っていくことをいう。本当の強さ。
  • (※)習常……一定不変の常道に従うこと。「習」を「襲」とする説もある。「常」については歸根第十六参照。

【原文】

歸元第五十二

天下有始、以爲天下母。旣得其母、以知其子。旣知其子、復守其母、沒身不殆。塞其兌、閉其門、終身不勤。開其兌、濟其事、終身不救。
見小曰明、守柔曰強。用其光、復歸其明、無遺身殃、是謂習常。

「目次」はこちら


【単行本好評発売中!】

この本を購入する
シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印