Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

第15回

ネガティブな「外部の言葉」には、耳を貸さない

2019.05.23更新

読了時間

臆病、意地っ張り、せっかち…。あなたは自分の「性格」に苦労していませんか? 性格は変えられないというのはじつはウソ。性格とは、人が生きていく上で身に付けた「対人戦略」なのです。気鋭の認知科学者である苫米地英人博士が、性格の成り立ちや仕組み、変え方などを詳しく解説します。
「目次」はこちら

 ただ、ここで一つ、気をつけなければならないものがあります。
 それは「外部の言葉」です。

 私たちは親、教師、上司、同僚、取引先、友人、配偶者、子ども、そしてメディアなど、日々外部からの言葉を受け取っています。
 そうした外部の言葉も、自分がそれを受け入れればブリーフとなり、自己対話と同じ効果をもたらします。
 特に、同じことを何度も繰り返し聞かされると、それが事実や自分の認識とは異なる内容であっても、「たしかにそうかもしれない」という自己対話を生み、自己イメージを上書きしてしまうのです。

 自分では、「すぐにくよくよするのをやめたい」と思っていても、他者から「あなたはすぐくよくよする性格だから」と何度も言われれば、過去のくよくよした記憶が蘇り、「たしかにそうかもしれない」と思ってしまうでしょう。
 逆に「あなたは、過去をひきずらない性格だよね」と何度も言われれば、過去の「くよくよしなかった」記憶の方がクローズアップされ、「たしかにそうかもしれない」と思うようになるかもしれません。

 そして残念ながら、外部の言葉は、ポジティブな内容よりも、ネガティブな内容であることが多いのです。
 たとえ愛情からくるものであっても、他者から言われた「バカだな」「弱いね」「何をやってもダメじゃない?」といった言葉は、知らず知らずのうちに、マイナスの自己イメージを作り、自己評価を下げてしまいます。

 しかし、あなたが変わろうとしている今、そうした言葉に、まったく意味はありません。
 ネガティブな言葉を投げつけてくる他者は、「過去のあなたの、認識や行動のパターン」を評価しているにすぎないからです。
 しかも、過去のあなたの選択や行動を決定してきたのは、他者からの摺り込みによってできたブリーフシステムであり、それらは「本当はこうしたい」「本当はこういう人間でありたい」というあなたの本心や願望とは、まったく関係がないのです。

 過去の遺物に基づいて、あなたにマイナスの自己イメージを植えつけ、あなたのエフィカシーを下げる相手のことを、「ドリーム・キラー」(夢をつぶす人)といいます。
 ドリーム・キラーは、あなたが「こういう自分になりたい」「こういうことがしたい」と口に出そうものなら、すかさず「性格なんて、簡単に変えられない」「そんなの無理」「あなたに、できるわけがない」などと発言するでしょう。

 彼らの影響を受けないようにするためには、まず「こういう自分になりたい」「こういうことがしたい」といった「夢」を、他人にあまり話さないことです。
「本当にできるのだろうか」という不安感や「誰かに背中を押してもらいたい」という依存心から、つい話したくなってしまうかもしれませんが、期待通りの反応が返ってくる保証はなく、かえってエフィカシーを下げられてしまうおそれがあります。
 とにかく、「今、ここにいる自分自身」を信じ、よりどころとしましょう。

 また、これからのあなたは、誰のどんな言葉を聞き、誰のどんな言葉に耳をふさぐかを、自分で決めていく必要があります。
 メディアから垂れ流される情報も含め、他人の言葉が、「なりたい自分」にふさわしいかどうかを選別し、ふさわしくない言葉は無視するのです。

 たとえ、ネガティブな言葉に耳を傾けることがあったとしても、「たしかにそうかもしれない」などと思わず、決して受け入れないようにしましょう。

■ ポイント

・同じことを繰り返し聞かされていると、自己イメージが上書きされてしまう。
・他者からの言葉は過去のあなたの評価でしなかく、まったく意味はない。
・他者からのネガティブな言葉に影響されないために、夢を安易に周囲に話さないこと。

 

「目次」はこちら

 

【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

苫米地 英人

1959年、東京都生まれ。認知科学者、計算機科学者、カーネギーメロン大学博士(Ph.D)、カーネギーメロン大学CyLab兼任フェロー。マサチューセッツ大学コミュニケーション学部を経て上智大学外国語学部卒業後、三菱地所にて2年間勤務し、イェール大学大学院計算機科学科並びに人工知能研究所にフルブライト留学。その後、コンピュータ科学の世界最高峰として知られるカーネギーメロン大学大学院に転入。哲学科計算言語学研究所並びに計算機科学部に所属。計算言語学で博士を取得。徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、通商産業省情報処理振興審議会専門委員などを歴任。

矢印