Facebook
Twitter
RSS

第49回

142〜144話

2020.03.06更新

読了時間

 「超訳」本では軽すぎる、全文解説本では重すぎる、菜根譚の全体像を把握しながら通読したい人向け。現代人の心に突き刺さる「一文超訳」と、現代語訳・原文・書き下し文を対照させたオールインワン。
「目次」はこちら

142 言葉で人を助けることもできる


【現代語訳】
士君子というものは、貧乏でお金があまりなく、人を物質的に助けてやることはできないかもしれない。しかし、たとえば愚かで迷っている人に会ったときは、ただの一言で迷いから目を覚まさせ、また危難で苦しんでいる人に会ったときは、一言でその苦しみから救ってやれる。こういうことも最大の社会奉仕となる功徳であろう。

【読み下し文】
士君子(しくんし)(※)は貧(ひん)にして物(もの)を済(すく)う(※)こと能(あた)わざる者(もの)なるも、人(ひと)の痴迷(ちめい)(※)の処(ところ)に遇(あ)いては、一言(いちげん)を出(いだ)して之(これ)を提醒(ていせい)(※)し、人(ひと)の急難(きゅうなん)の処(ところ)に遇(あ)いては、一言(いちげん)を出(いだ)して之(これ)を解救(かいきゅう)す。また是(こ)れ無量(むりょう)の功徳(くどく)なり。

(※)士君子……本書の前集60条参照。
(※)物を済う……金銭などの物を与えることで救う。アメリカの思想家で、後に紹介するソローの理解者・友人でもあった、私の好きなエマーソンの次の言葉も本項の趣旨に合う。「心の奥底に達してあらゆる病を癒せる音楽、それは温かい言葉だ」。
(※)痴迷……愚かで迷う。
(※)提醒……目を覚まさせる。

【原文】
士君子貧不能濟物者、遇人癡迷處、出一言提醒之、遇人急難處、出一言解救之。亦是無量功德。

 

143 目先の状況で軽々しく変わってはいけない


【現代語訳】
空腹のときは寄ってくるが、満腹になれば飛び散ってしまう。また、こちらが裕福なときは集まってくるが、落ち目となり貧乏になると見捨てて寄りつかない。これが人情の一般で、寂しいところではある。しかし、君子たるものは、物事を冷静に見つめることのできる眼を養いたい(また目をぬぐい清めたい)ものだ。目先の状況で軽々しく変わる薄っぺらい人にはならないようにすべきである。

【読み下し文】
饑(う)うれば則(すなわ)ち附(つ)き(※)、飽(あ)けば則(すなわ)ち颺(あが)り(※)、燠(あたた)か(※)なれば則(すなわ)ち趨(おもむ)き、寒(さむ)ければ則(すなわ)ち棄(す)つるは、人情(にんじょう)の通患(つうかん)なり。君子(くんし)は宜(よろ)しく当(まさ)に冷眼(れいがん)を浄拭(じょうしょく)(※)すべし。慎(つつし)んで軽〻(かるがる)しく剛腸(ごうちょう)(※)を動(うご)かすこと勿(な)かれ。

(※)附き……まつわりつく。寄ってくる。人が寄ってきたり離れたりすることについては、本書の前集169条も参照。
(※)颺り……とび散る。
(※)燠か……裕福な。
(※)浄拭……ぬぐい清める。
(※)剛腸……何ものにも屈しない気質。強くてどっしりとした人柄。本項の解釈については、本書の前集169条も参照。

【原文】
饑則附、飽則颺、燠則趨、寒則棄、人情通患也。君子宜當淨拭冷眼。愼勿輕動剛腸。

 

144 人格を向上するためには見識を広め、度量を大きくしていかなければならない


【現代語訳】
人格(徳)は、その人の度量(心の広さ)で向上し、度量は、見識(正しい考え方と知識)で成長する。よって人格を向上させようと思うなら、度量を大きくしなければならない。また、度量を大きくしようとするならば見識を広めていかなくてはならない。

【読み下し文】
徳(とく)は量(りょう)(※)に随(したが)って進(すす)み、量(りょう)は識(しき)(※)に由(よ)って長(ちょう)ず。故(ゆえ)に其(そ)の徳(とく)を厚(あつ)くせんと欲(ほっ)すれば、其(そ)の量(りょう)を弘(ひろ)くせざるべからず。其(そ)の量(りょう)を弘(ひろ)くせんと欲(ほっ)すれば、其(そ)の識(しき)を大(だい)にせざるべからず。

(※)量……度量。
(※)識……見識。なお、見識を広めるために、吉田松陰は「天下(てんか)の賢能(けんのう)に交(まじ)わり、天下(てんか)の書籍(しょせき)を読(よ)む」ことの二つをすすめている(『将及私言』)。

【原文】
德隨量進、量由識長。故欲厚其德、不可不弘其量。欲弘其量、不可不大其識。

「目次」はこちら

【単行本好評発売中!】 
この本を購入する

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術─相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 老子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(以上、誠文堂新光社)などがある。

矢印