Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

家族のためのユマニチュード その人らしさを取り戻す、優しい認知症ケア イヴ・ジネスト ロゼット・マレスコッティ 本田美和子

第8回

【認知症介護の本】私たちの存在が薬となる

2018.09.13更新

読了時間

ユマニチュードは、フランスで生まれ、その効果の高さから「まるで魔法」と称される介護技法です。ユマニチュードの哲学では、ケアをするときに「人とは何だろう」と考え続けます。人は、そこに一緒にいる誰かに『あなたは人間ですよ』と認められることによって、人として存在することができるのです。「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つの柱を軸にした「技術」で、相手を尊重したケアを実現します。この連載では、ユマニチュードの考え方と具体的な実践方法を紹介します。
「目次」はこちら

 近年、アイコンタクトや触れることによって人間の体内に生理学的な変化が生じることがわかってきました。
 オキシトシンは、出産時の子宮の収縮や母乳の分泌に関与するホルモンですが、最近それだけではない働きを持つことがわかってきました。
 オキシトシンの分泌によって不安感が低下したり、相手との信頼関係を構築することが解明され、いわば「愛情と信頼のホルモン」でもあることが発見されたのです。
 これは人工的に合成したオキシトシンを吸入することで起こる変化で明らかになったのですが、大変興味深いことに、人工的に合成した薬剤を使わなくても、アイコンタクトや触れることによってもオキシトシンが分泌されていることがわかってきました。
 つまり、アイコンタクトをとったり、触れたりすることで、相手の体内でオキシトシンが分泌され、愛情や信頼を感じるようになるのです。
 私たちが相手に対して行うコミュニケーションが生理学的な変化をもたらすのであれば、私たちの存在自体が相手にとって薬となります。アイコンタクトをとるたびに、相手に優しくしっかりと触れるたびに、気分がよくなる薬を飲んでもらっているのと同じ効果を生むことができるのです。さらに、この効果は双方向性で、アイコンタクトをとったり、触れたりしている私たちにも同様に起こっています。
 つまり、私たちもまた、介護を受けている方から生理学的な影響を受けています。アイコンタクトや触れることで、私たちは互いに愛情と信頼の贈り物を交わしています。これがよい関係を結ぶ基礎となり、「あなたのことを大切に思っています」と伝え合うことを可能にするのです。

「目次」はこちら

【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

イヴ・ジネスト/ ロゼット・マレスコッティ/本田美和子

【イヴ・ジネスト】ジネスト‐マレスコッティ研究所長。トゥールーズ大学卒業。体育学の教師で、1979年にフランス国民教育・高等教育・研究省から病院職員教育担当者として派遣され、病院職員の腰痛対策に取り組んだことを契機に、看護・介護の分野に関わることとなった。【ロゼット・マレスコッティ】ジネスト‐マレスコッティ研究所副所長。SASユマニチュード代表。リモージュ大学卒業。体育学の教師で、1979年にフランス国民教育・高等教育・研究省から病院職員教育担当者として派遣され、病院職員の腰痛対策に取り組んだことを契機に、看護・介護の分野に関わることとなった。【本田美和子(ほんだ・みわこ)】国立病院機構東京医療センター総合内科医長/医療経営情報・高齢者ケア研究室長。1993年筑波大学医学専門学群卒業。内科医。国立東京第二病院にて初期研修後、亀田総合病院等を経て米国トマス・ジェファソン大学内科、コーネル大学老年医学科でトレーニングを受ける。その後、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターを経て2011年より現職。

矢印