Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

胎内記憶でわかった こどももママも幸せになる子育て 産婦人科医 池川明

第10回

心配や不安が出てきたら、赤ちゃんに話しかけてみて

2017.10.23更新

読了時間

【 この連載は… 】 人間の神秘「胎内記憶」から子育てを考える。胎内記憶研究の第一人者の医師がたどり着いた境地とは? 親の論理ではなく「子どもの本音」に耳を傾けた、子どもの「才能=生きる力」を強くする胎教法と育児法を紹介。

 中には、「お腹の中がつらくて嫌だった」という子どももいます。お母さんとしては、「気持ち良くて楽しかった」と、言われたいですよね。でも、実際に、つらくて嫌な子がいるわけで、その理由を知れば、妊娠中のお母さんは、どんなふうに赤ちゃんと接すればいいか、あるいは、こんなことしちゃいけないな、ということが、わかってくるはずです。

「つらくて嫌だった」という子どもは、何が嫌だったのか? 多くの場合、どうも妊娠や出産を通して、お母さんが強い不安を感じていたことに、原因があるようです。

 たとえば、たいわ士さんを通して、こんなことを伝えてくれた赤ちゃんがいました。お母さんが前に流産したことがありました。だから、そのお母さんは、妊娠してもうれしいと思う以上に、また今度も流産したらどうしようと、不安や心配が先に立ってしまいました。赤ちゃんは、お母さんの不安をすぐに感じ取りました。だから、お腹の中から、一生懸命に、絶対に生まれるから大丈夫だよ、安心してと、メッセージを送り続けたのに、まったくわかってくれません。そういうときには、自分を責める赤ちゃんもいます。

「自分の力が足りないから、お母さんにわかってもらえないんだ」

 大人でも、そういうときって、居心地が悪いというか、つらい気持ちになるものです。

 やっと流産しにくい時期になったら、今度は、何か障がいがあるのではとお母さんが心配し始めました。赤ちゃんは、心配しないでとメッセージを送り続けます。でも、「大丈夫だよ」とトントンとお腹をノックすると、苦しんでいるのではないだろうかと、不安が高まる始末です。さらに、出産が近づくと、きちんと生まれるだろうか、生まれたらうまく育てられるだろうかと、新たな心配が出てきました。

 こんな状態ですから、お腹の中の赤ちゃんも、人間不信になってしまいました。一番気持ちを伝えたいお母さんに、まったく伝わらないからです。外へ出るなんて嫌だって思うようになりました。そこで、お母さんと赤ちゃんの間の不調和が起きるわけです。

 そうすると、お腹が張ったりといったちょっとした異常が起こる。そうすると、またお母さんは心配になって、お医者さんで薬を出してもらう。お母さんが薬を飲むと、中には、赤ちゃんが苦しくなるようなこともあるわけで、余計に赤ちゃんはつらい思いをする。

 こんな悪循環が起こってしまうことがあるのです。

 妊娠・出産には、不安や心配は付き物です。でも、それがあまりにも大きすぎると、赤ちゃんに苦痛を与えることになります。そんなときこそ、コミュニケーションです。

 お腹をなでながら、「前の赤ちゃん、流産しちゃったから、ママは、とても心配なんだ。きちんと生まれてきてね。待ってるからね」と、語りかけるだけで、お母さんと赤ちゃんの関係がどれだけ良くなるかわかりません。1人で悩まないことです。それだけで赤ちゃんの居心地もとても快適になるのです。

 赤ちゃんは、お腹に宿ったときも、生まれるときも、祝福されたいのです。喜んでもらいたいのです。まわりの人に喜んでもらうために、お腹に宿り、生まれてくるのです。

 まず、喜びを優先させ、喜びを赤ちゃんに伝えましょう。それでも不安が出てきたら、その不安も伝えます。その上で、赤ちゃんの気持ちをキャッチしようと思ってください。心を落ち着けて、静かに耳を傾ければ、何かを感じるはずです。それが、赤ちゃんからのメッセージです。自分が感じたことを、「こんなことを思ってくれているんだ。ありがとう」と、赤ちゃんに伝える。そして、また耳を傾けると、何かを感じる。

 それを繰り返すことで、赤ちゃんの思いを感じ取れるようになるはずです。

 不安や心配が出てきたら、お医者さんに駆け込むよりも、赤ちゃんとお話ししましょう。それが、一番の解決策です

  1. 1
  2. 9
  3. 10
  4. 11
  5. 17

【単行本好評発売中!】全国書店もしくはネット書店にてご購入ください。

この本を購入する

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

池川 明

1954年東京生まれ。帝京大学医学部大学院修了。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年に池川クリニックを開設。胎内記憶・誕生記憶について研究を進める産婦人科医としてマスコミ等に取り上げられることが多く、講演などでも活躍中。母と子の立場に立った医療を目指している。著書に『おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと』『ママのおなかをえらんできたよ。』(以上、二見書房)『笑うお産』(KADOKAWA)など多数。

矢印