Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

スポンサーリンク

第31回

みんな子どものときから苦しんでいる

2018.02.09更新

読了時間

【 この連載は… 】すぐにびっくりする。興奮したあとはなかなか寝つけない。服がぬれたり、砂がついたりすると、着替えたがる……5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。

みんな子どものときから苦しんでいる

 自閉スペクトラム症には共通点がふたつあります。

 コミュニケーションが苦手であることと、こだわりが強いこと。新しい診断基準では、このふたつが定義になっています。以前はその他にもいくつかの特徴が挙げられていたのですが、いまは定義から外れました。そうすると、いろいろな意味でその範疇(はんちゅう)に入ってしまう人が出てきます。

 コミュニケーションが苦手というのが定義ですが、自閉スペクトラム症の子どもたちの中にも、人の気持ちが非常によくわかる子たちがいます。また、HSCには、気持ちが敏感すぎて、言葉がうまく出ないことによるコミュニケーションの苦手さというのもあります。このあたりが、HSCが自閉スペクトラム症と間違われてしまうところです。

 ただ、「コミュニケーションが苦手かどうか」だけを見ると難しいですが、自閉スペクトラム症には他のいろいろな特徴があるので、そこでどちらかがわかります。

 表情、態度、運動、そして人の目を見るか(自閉スペクトラム症の子は人の目を見ないことが多い)など、全体的にとらえれば自閉スペクトラム症というのは見ただけですぐにわかるぐらいはっきりしています。

 でも、HSCの子たちはそういうことはありません。人をよく見て、感じています。

 神経発達症の中にも、子どものころは普通で、大人になってから症状が出たと考えられているケースがよくありますが、発達の問題ですから、大人になって突然なるということはあり得ません。普通の生活をするには困難がある症状を抱えていると判明したのが大人になってからだったというだけで、その人自身は、子どものころから何かしら症状を抱えていたのです。

 大学を卒業して12年働いたあと、神経発達症と診断されたある男性は、「いやあ、小さいときもいろいろ大変でした」と言います。彼は、名門といわれる大学を出ています。子どものときからずっと勉強ができ、成績優秀でした。そのため、本人はいろいろつらい症状を抱えていても、周囲は彼が「普通のようにできない」ことや「苦しい思いをしている」ことに気づいてやれなかった、見逃していたのです。

 彼は問診票に、「私たちの感覚過敏や鈍麻は、気になる、気にならないというレベルで表現できるものではない」と書いています。

 診察のときに絵を描いてもらったのですが、顔が描いてあって、上に箱があります。説明として、こう書かれています。

「いろいろな情報がたくさん入りすぎて情報が渋滞するか、統制困難になる。情報が多すぎると頭からあふれてブロークンする」

 情報の過剰摂取というか、過剰に入りすぎて処理できない。キャパシティ・オーバーになって、脳が混乱してフリーズし、アウトプット不能状態になってしまう。これが自閉スペクトラム症のフラッシュバックとか、パニックというものです。ここが神経発達症でも、HSPでも起こるところ、似ているところです。

 私はこの男性を、「自閉スペクトラム症でHSP」と診立てています。感覚の敏感さだけではなく、人の気持ちにもものすごく敏感な方です。彼の敏感さは、自閉スペクトラム症としての感覚過敏と、HSPとしての感覚過敏の両方が合わさったものです。

>この連載のまとめを見る

  1. 1
  2. 30
  3. 31
  4. 32
  5. 38

【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

長沼 睦雄

十勝むつみのクリニック院長。日本では数少ないHSPの臨床医。昭和31年山梨県生まれ。北海道大学医学部卒業。脳外科研修を経て神経内科を専攻し、日本神経学会認定医の資格を取得。北海道大学大学院にて神経生化学の基礎研究を修了後、障害児医療分野に転向。道立札幌療育センターにて小児精神科医として14年間勤務。平成12年よりHSPに注目し研究。平成20年より道立緑ヶ丘病院精神科に勤務し、小児と成人の診療を行う。平成28年十勝むつみのクリニック開業。発達障害、発達性トラウマ、解離性障害などの診断治療に専念し、脳と心と体の統合的医療を行っている。著書に『活かそう!発達障害脳 「いいところを伸ばす」は治療です。』(花風社)、『敏感すぎる自分を好きになれる本』『気にしすぎ人間へ クヨクヨすることが成長のもとになる』(ともに青春出版社)、『コミックエッセイ 敏感過ぎる自分に困っています』(宝島社)などがある。

矢印