Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

子どもの敏感さに困ったら 児童精神科医が教えるHSCとの関わり方 長沼睦雄

第37回

【HSCの本】思春期に起こりやすい恋愛トラブル

2018.03.23更新

読了時間

5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。
「目次」はこちら

思春期に起こりやすい恋愛トラブル

 敏感で繊細な子にも多いアダルトチルドレンというのは、自己主張できない性質です。

 「自分なんか」という認知のゆがみもある。だから、その自己否定が強くなると、自分を痛めつけてくる相手になぜか引き寄せられていき、その結果、疲れて、潰れてしまうようなことがしばしばあります。

 アダルトチルドレンは、「対等に」というのが苦手なようです。自信がない、個性がない、自己主張がないですから、対等な関係が結べないのです。

 それは恋愛に限らず、友人関係でもいえます。個性が弱いから、どうしてもやられてしまう。頼られたり、いじめられたり、利用されたり、相談にくる人の多くがそうです。

 敏感同士が出会って、お互い、理解し合って付き合うなかで、相手の苦しさも拾ってしまうのです。

 うまくいく相手を探すには、自分に自信を持つことが必要です。

 自分を責めてしまう傾向があると、どうしても相手からも責められる。そして、苦しいから吐き出してしまう。そうならないようにするために、自分を認めて、自分を許していく。まずは、自分を認めて、自己主張できるぐらいの自我の強さというか、自分らしさを身につけることが大事です。

 また、外に出ていく、というのも重要です。

 傷つけられて、自分が自分でなくなるという人にたくさん出会ってきました。相手に愛されたいがゆえに貢みついでしまう女の子なんかも多い。自分というものがないからなのです。

 地元にいたときには色眼鏡で見られがちで生きづらかったけれど、別の土地でいろいろな人たちに出会って、そこで元気になるということもあります。

「地元では変人みたいに思われていたけれど、東京でアニメーションを学ぶ学校に行ったら、ちっとも変人ではなかった、みんな自分と同類項だった」と言っていた子がいます。

 自分に合う場所というのが、必ずどこかにある。イキイキできる、水が合う場所が必ずあります。

 地域の狭いところでは理解してくれる人に出会いにくいですが、外の世界に飛び出してみると、いい人に出会うこともあるかもしれません。怖れてばかりいないで、行動範囲を広げてみなさいという勧めです。

「目次」はこちら


【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

長沼 睦雄

十勝むつみのクリニック院長。北海道大学医学部卒業。脳外科研修を経て神経内科を専攻し、日本神経学会認定医の資格を取得。北海道大学大学院にて神経生化学の基礎研究を修了後、障害児医療分野に転向。北海道立子ども総合医療・療育センターにて14年間小児精神科医として勤務。平成20年より北海道立緑ヶ丘病院精神科に勤務し、小児と成人の診療を行っていた。平成28年9月に開業し、発達性トラウマ障害、HSP、アダルトチルドレン、神経発達症などの診療を専門として取り組む。著書に、『「敏感すぎる自分」を好きになれる本』(青春出版社)、『子どもの敏感さに困ったら読む本 児童精神科医が教えるHSCとの関わり方』(誠文堂新光社)、『大人になっても敏感で傷つきやすいあなたへの19の処方箋』(SBクリエイティブ)などがある。

矢印