Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

まとめ 子どもの敏感さに困ったら 児童精神科医が教えるHSCとの関わり方 精神科医 長沼睦雄

5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)とは何か? HSP/HSCの第一人者が、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。

2018.04.16更新

読了時間

すぐにびっくりする、興奮したあとはなかなか寝つけない、服がぬれたり、砂がついたりすると、着替えたがる……5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を、第一人者の医師が解説。これまで連載してきた内容をカテゴリーに分け、わかりやすくガイドします。

はじめに

HSCとは何か

子どもの発達とHSC

困ったときの子育てアドバイス

HSCの五感

HSCの感情

HSCの人づきあい

HSCの自己肯定感の育て方

敏感すぎて生きづらさを抱えてしまう子どもたち


このエントリーをはてなブックマークに追加

【単行本好評発売中!】全国書店もしくはネット書店にてご購入ください。

この本を購入する
シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者 長沼睦雄

十勝むつみのクリニック院長。日本では数少ないHSPの臨床医。昭和31年山梨県生まれ。北海道大学医学部卒業。脳外科研修を経て神経内科を専攻し、日本神経学会認定医の資格を取得。北海道大学大学院にて神経生化学の基礎研究を修了後、障害児医療分野に転向。道立札幌療育センターにて小児精神科医として14年間勤務。平成12年よりHSPに注目し研究。平成20年より道立緑ヶ丘病院精神科に勤務し、小児と成人の診療を行う。平成28年十勝むつみのクリニック開業。発達障害、発達性トラウマ、解離性障害などの診断治療に専念し、脳と心と体の統合的医療を行っている。著書に『活かそう!発達障害脳 「いいところを伸ばす」は治療です。』(花風社)、『敏感すぎる自分を好きになれる本』『気にしすぎ人間へ クヨクヨすることが成長のもとになる』(ともに青春出版社)、『コミックエッセイ 敏感過ぎる自分に困っています』(宝島社)などがある。

矢印