Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

第21回

<子育てアドバイス>勉強でつまずきやすいこと

2017.11.24更新

読了時間

【 この連載は… 】すぐにびっくりする。興奮したあとはなかなか寝つけない。服がぬれたり、砂がついたりすると、着替えたがる……5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。

■苦手を克服しようとするより、得意をどんどん伸ばすほうがいい

 IQは高いけれども勉強が苦手な子の中には、学習症(LD)がある場合があります。

 学習症とは、全般的な知能発達には遅れはないものの、話す聞く、読む書く、計算・推論するなどの能力の習得や使用に困難がある状態をいいます。

 視覚や聴覚の脳内の情報処理が苦手なことが原因であり、話すと聞く、読みと書き、書きと計算の組み合わせで苦手が起こりやすく、それらが単独あるいは組み合わせて起こります。順番に記憶したり処理したり構成したりする継次処理が弱い子と、一度に同時に行う同時処理が苦手な子がいます。

 しかし、継次処理の苦手な子は、同時処理能力が秀でていることが多い。脳の働きでいうと右脳系です。何かを見てパッと答えるとか、イメージや空想を広げてサッと絵を描くとか、直感的にひらめきを発揮することが得意なのです。

 勉強というのは、どうしても継次処理的なことが多くなりますので、継次処理が苦手な子には、得意な同時処理を活用してあげる必要があります。たとえば、最初に手順やゴールを設定してあげて、全体像を把握しやすくしてあげる、「いまやっているのはこの部分」ということがわかるようにしてあげると、混乱や抵抗感が薄らぐでしょう。

 HSCの子はイメージも感情も感覚も豊かなのでとても記憶力がいいのですが、それは経験の記憶がよいためです。勉強に必要とされるのは左脳的な継次処理による文字・数字・記号の処理ですから、右脳系のタイプは、あまり得意とは言えません。記憶の質が違うのです。

 勉強に限ったことではありませんが、子どもがどういうことが苦手で、どういうことが得意かということがわかってきたら、苦手を克服しようとするよりは、まず得意なものを伸ばすことを考えてあげましょう。

 生まれもって能力に凸凹がある場合、放置すると苦手を避け、得意を伸ばすように自然になっていきます。ですから発達の早期は、苦手を手伝ってあげて乗り越えられるような支援が必要です。やがて得意不得意がはっきりしてきて、食わず嫌いが起きたり、反発が起きるようなら、苦手なことより得意なことで勝負させてあげてください。

  1. 1
  2. 20
  3. 21
  4. 22
  5. 23
  6. 24

【単行本好評発売中!】

この本を購入する
シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

長沼 睦雄

十勝むつみのクリニック院長。日本では数少ないHSPの臨床医。昭和31年山梨県生まれ。北海道大学医学部卒業。脳外科研修を経て神経内科を専攻し、日本神経学会認定医の資格を取得。北海道大学大学院にて神経生化学の基礎研究を修了後、障害児医療分野に転向。道立札幌療育センターにて小児精神科医として14年間勤務。平成12年よりHSPに注目し研究。平成20年より道立緑ヶ丘病院精神科に勤務し、小児と成人の診療を行う。平成28年十勝むつみのクリニック開業。発達障害、発達性トラウマ、解離性障害などの診断治療に専念し、脳と心と体の統合的医療を行っている。著書に『活かそう!発達障害脳 「いいところを伸ばす」は治療です。』(花風社)、『敏感すぎる自分を好きになれる本』『気にしすぎ人間へ クヨクヨすることが成長のもとになる』(ともに青春出版社)、『コミックエッセイ 敏感過ぎる自分に困っています』(宝島社)などがある。

矢印