Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

スポンサーリンク

第26回

まじめすぎる子が危ない!

2018.01.05更新

読了時間

【 この連載は… 】すぐにびっくりする。興奮したあとはなかなか寝つけない。服がぬれたり、砂がついたりすると、着替えたがる……5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。
「目次」はこちら

まじめすぎる子が危ない!

 敏感で繊細な子は、マイナス思考が強く、自分を責める気持ちが強いです。完璧主義で、「こうでなければいけない」というとらわれが強い。いわばまじめすぎるため、自分自身でどんどん自分を追い込んでしまうようなところがあります。

 私が診たある子の例を紹介します。

 この子は中学1年のころから頭痛、胸痛、脱力感、倦けん怠たい感、痺しびれ感などの身体症状がありました。ずっと我慢に我慢を重ねていたのですが、体にいろいろ症状があらわれて、心のほうもガタがきてしまいました。

 高校生のときに、ついにひどいめまいで歩けなくなりました。他の病院から「こんな症状の子がいるんだけど、診てくれないか」と話があって、私のところに来ました。

 そのめまいについては、「大嵐の中に大きな船が浮かんでいて、大揺れの船の中にジェットコースターがあって、その中でグルグル回されているようなめまい」と表現しています。調べると、神経学的な異常のないめまいでした。

 当時の所見には、頭痛、胸痛、幻視、腹痛、非現実感、非身体感、脱力感、痺れ感、心配性とあります。体の一部が痺れたり、痛くなったりして体調が悪化し、学校も行けず、引きこもり状態になりました。

 幼いころのほうが感受性が強く、何でも見通せたそうですが、言葉でそれを説明できなくて困ったようです。自分や他人の過去世が自然とわかり、運命をも知ることができていました。ある不思議な胸の痛みが続き、過去世療法を受けてその原因がわかり、痛みが消失しました。電磁波や化学物質への過敏性も顕著で、地球上で起きる大地震を事前に感知してしまいます。

 睡眠も浅く、眠れないのです。睡眠専門クリニックに紹介し、脳波測定をしてもらったところ、睡眠段階は浅くとどまり、瞬間覚醒が頻回に混入していました。

 薬も効きすぎてしまうので、いろいろな薬を使うことができませんでした。

 この子の救いになったのは、犬を飼ったことです。犬の世話をするようになり、犬の散歩のために一緒に歩くようになって犬に癒され、引こもり状態から脱して、外に出られるようになりました。

「目次」はこちら


【単行本好評発売中!】

この本を購入する

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

長沼 睦雄

十勝むつみのクリニック院長。日本では数少ないHSPの臨床医。昭和31年山梨県生まれ。北海道大学医学部卒業。脳外科研修を経て神経内科を専攻し、日本神経学会認定医の資格を取得。北海道大学大学院にて神経生化学の基礎研究を修了後、障害児医療分野に転向。道立札幌療育センターにて小児精神科医として14年間勤務。平成12年よりHSPに注目し研究。平成20年より道立緑ヶ丘病院精神科に勤務し、小児と成人の診療を行う。平成28年十勝むつみのクリニック開業。発達障害、発達性トラウマ、解離性障害などの診断治療に専念し、脳と心と体の統合的医療を行っている。著書に『活かそう!発達障害脳 「いいところを伸ばす」は治療です。』(花風社)、『敏感すぎる自分を好きになれる本』『気にしすぎ人間へ クヨクヨすることが成長のもとになる』(ともに青春出版社)、『コミックエッセイ 敏感過ぎる自分に困っています』(宝島社)などがある。

矢印