Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

第33回

93話~95話

2016.09.06更新

読了時間

公(こう)冶(や)長(ちょう)第五

93 自分の目で人物を判断する


【現代語訳】

孔子先生が公冶長(※)について言われた。「彼は娘を嫁にやってもいい人物だ。今、嫌疑を受けて獄に入れられているようだが、無実の罪だろう」。そして、先生は自分の娘と結婚させた。

また、孔子先生は南容(※)について言われた。「彼は、国に道義が通っていてまともなときには重用され、国に道義が通らなくなってしまっても、自重して刑を受けるようなことはしない」。そして、先生は自分の兄の娘と結婚させた。


(※)公冶長……孔子の娘婿で門人とされるが、詳しいことはわかっていない。なお、本章の後段を独立の章とする解釈もある。

(※)南容……姓は何宮(なんきゅう)。名は适。魯の人。孔子の門人。


【読み下し文】

子(し)、公冶(こうや)長(ちょう)を謂(い)う。妻(め)あわすべきなり。縲絏(るいせつ)(※)の中(なか)に在(あ)りと雖(いえど)も、其(そ)の罪(つみ)に非(あら)ざるなり、と。其(そ)の子(こ)を以(もっ)て之(これ)に妻(め)あわす。子(し)、南容(なんよう)を謂(い)う。邦(くに)に道(みち)あれば廃(はい)せられず、邦(くに)に道(みち)なきも、刑戮(けいりく)より免(まぬ)かる、と。其(そ)の兄(あに)の子(こ)を以(もっ)て之(これ)に妻(め)あわせなり。


(※)縲絏……牢獄。縄は黒なわ。絏はつなぐこと。


【原文】

子謂公冶長、可妻也、雖在縲絏之中、非其罪也、以其子妻之、子謂南容、邦有道不廃、邦無道免於刑戮、以其兄之子妻之、


94 人はよき師よき友を得ることで成長できる


【現代語訳】

孔子先生が弟子の子賤(しせん)(※)について言われた。「彼は、君子である。彼がここまでになれたのは、魯(ろ)の国、つまり今いる場所に見習うべき君子たちがいて、それに刺激を得たからこそだ」。


(※)子賤……魯の人。孔子より四十九歳年下。孔子の晩年の門人。


【読み下し文】

子(し)、子賤(しせん)を謂(い)う。君子(くんし)なるかな、若(かくのごと)き人。魯(ろ)の君子(くんし)なる者(もの)なくんば、斯(こ)れ焉(いすく)にか斯(こ)れを取(と)らん。


【原文】

子謂子賤、君子哉若人、魯無君子者、斯焉取斯、


95 もっと柔軟に学び、さらに上をめざしてほしい


【現代語訳】

子(し)貢(こう)が自分についての評価をたずねた。孔子先生は言われた。「お前は器(うつわ)(※)だ」。

少々不満な子貢はさらにたずねた。「どんな器ですか」。

孔子先生は言われた。「宗(そう)廟(びょう)の祭りに欠かせない瑚璉(これん)という重要な器だ(お前は大器であるから、もっと柔軟になって学び、さらに上をめざしてほしい)」。


(※)器……「うつわ」のこと。「君子は器ならず」(28話参照)という孔子の教えもあってか、子貢は少々不満があったようだ。ここで孔子が子貢を器と評したのは、素質は大器だが、それに満足することなく、上をめざすべきだと言いたかったからであろう。


【読み下し文】

子(し)貢(こう)、問(と)うて曰(いわ)く、賜(し)(※)や如何(いかん)。子(し)曰(いわ)く、女(なんじ)は器(き)なり。曰(いわ)く、何(なん)の器(き)ぞや。曰(いわ)く、瑚璉(これん)(※)なり。


(※)賜……子貢のこと(10話参照)。論語にも多く登場する孔子の門人の中でも秀才とされる。

(※)瑚璉……宗廟の祭に供える玉をかざった貴重な器。


【原文】

子貢問曰、賜也何如、子曰、女器也、曰、何器也、曰、瑚璉也、

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。著書に『超訳孫子の兵法』、『吉田松陰の名言100』、『武士道の名言100』、『真田幸村の凛とした生き方』(以上、アイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術』(誠文堂新光社)などがある。

矢印