Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

第12回

31話~33話

2016.08.03更新

読了時間

31 人からよく学びつつ、自分でもよく考える


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「教わるばかりで、自分で考えることが少ないと力はつかない。自分で考えてばかりで、人に学ばないようだと考えが偏るので危険このうえない」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、学(まな)んで思(おも)わざれば則(すなわ)ち罔(くら)し。思(おも)って学(まな)ばざれば則(すなわ)ち殆(あや)うし。


【原文】

子曰、學而不思則罔、思而不學則殆、


32 流行ばかりを追わず、基本を無視しないこと


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「基本を無視して、本質とは違う偏ったものばかりを学んでも、弊害になるだけだ」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、異端(いたん)を攻(せ)むるは、斯(そ)れ害(がい)あるのみ。


【原文】

子曰、攻乎異端、斯害也已矣、


33 理解していることと理解していないことを区別する


【現代語訳】

孔子先生が由(ゆう)(※)に向かって言われた。「お前に『知る』ということの正しい意味を教えよう。知っていることを知っているとし、知らないことを『知らない』とはっきり区別できることが、『知る』ということだ」。


(※)由(子(し)路(ろ))……孔子の門人の中で一番の兄貴格。魯の人で孔子より九歳年下。武勇にあふれ、直情の人。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、由(ゆう)よ、女(なんじ)に之(これ)を知(し)るを誨(おし)えんか。之(これ)を知(し)るをば之(これ)を知(し)ると為(な)り、知(し)らざるを知(し)らずと為(な)す。これ知(し)るなり。


【原文】

子曰、由、誨女知之乎、知之爲知之、不知爲不知、是知也、

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。著書に『超訳孫子の兵法』、『吉田松陰の名言100』、『武士道の名言100』、『真田幸村の凛とした生き方』(以上、アイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術』(誠文堂新光社)などがある。

矢印