Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

第187回

470話~472話

2017.04.24更新

読了時間

【 この連載は… 】 毎日数分で「東洋最大の教養書」を読破しよう! 『超訳 孫子の兵法』の野中根太郎氏による、新訳論語完全版。読みやすく現代人の実生活に根付いた超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。

470 国が盛んな時、英才も多く生まれ育つ


【現代語訳】

周の盛んな時に一家から八人の英才が出た。伯達(はくたつ)、伯适(はくかつ)、仲突(ちゅうとつ)、仲忽(ちゅうこつ)、叔夜(しゅくや)、叔夏(しゅくか)、季随(きずい)、季騧(きか)である。


【読み下し文】

周(しゅう)(※)に八士(はちし)(※)あり。伯達(はくたつ)、伯适(はくかつ)、仲突(ちゅうとつ)、仲忽(ちゅうこつ)、叔夜(しゅくや)、叔夏(しゅくか)、季随(きずい)、季騧(きか)なり。


(※)周……ここでは周の初めの盛んな時のことを指す。

(※)八士……八人の英才。才徳ある人。なお、この八士について、成王の時代の人とも宣王の時代の人ともいわれていて、よくわかっていない。しかも、八士は一人の母が四度も双子を産んだとされており、信憑性(しんぴょうせい)を疑う学説もある。


【原文】

周有八士、伯逹、伯适、仲突、仲忽、叔夜、叔夏、季隨、季騧、


子張(しちょう)第十九


471 士の条件


【現代語訳】

子張が言った。「士たる者は、世の中の重大な局面に直面した時は命を賭け、利益を目の前にしたら、それは道義上正しいものかを考え、祭祀(さいし)にあっては誠をもって敬意を尽くし、喪にあっては哀悼の情を極めんことを思うべきである。以上が揃えば、士と言ってよいだろう」。


【読み下し文】

子張(しちょう)曰(いわ)く、士(し)は危(あや)うきを見(み)ては命(いのち)を致(いた)し(※)、得(う)るを見(み)ては義(ぎ)を思(おも)い、祭(まつ)りには敬(けい)を思(おも)い、喪(も)には哀(あい)を思(おも)う。其(そ)れ可(か)なるのみ。


(※)命を致し……自分の生命を差し出す。


【原文】

子張曰、士見危致命、見得思義、祭思敬、喪思哀、其可已矣、


472 徳や道は広く徹底して進めていくもの


【現代語訳】

子張は言った。「徳を広く修めず、限られたものしか修めなかったり、正しい道を信じて進むことが強いものでなかったりすると、その徳も道もあるのやら、ないのやらわからなくなり、何の役にも立たなくなる」。


【読み下し文】

子張(しちょう)曰(いわ)く、徳(とく)を執(と)ること弘(ひろ)からず(※)、道(みち)を信(しん)ずること篤(あつ)からず(※)んば、焉(いずく)んぞ能(よ)く有(あ)りと為(な)し、焉(いずく)んぞ能(よ)く亡(な)しと為(な)さん。


(※)弘からず……徳の量が狭い。

(※)篤からず……厚く堅くない。


【原文】

子張曰、執德不弘、信衜不篤、焉能爲有、焉能爲亡、



【単行本好評発売中!】この連載が本になりました。全国書店もしくはネット書店にてご購入ください。

この本を購入する
シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。著書に『超訳孫子の兵法』、『吉田松陰の名言100』、『武士道の名言100』、『真田幸村の凛とした生き方』(以上、アイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術』(誠文堂新光社)などがある。

矢印