Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

論語 全文完全対照版 野中根太郎

第28回

78話~80話

2016.08.30更新

読了時間

78 自分の利益だけを考えてはいけない


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「自分の利益だけを考えて行動してはならない。必ず人の利益も考えていかないと、人にうらまれることになり、結局、おかしなことになる」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、利(り)に放(したが)って行(おこな)えば、怨(うら)みを多(おお)くす。


【原文】

子曰、放於利而行、多怨、


79 譲り合う心、人のことを思う心がないと何事もうまくいかない


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「礼儀正しく譲り合う心があったら国を治めることは難しくない。しかし、譲り合うという本質的な心が欠けるようであれば、形式的な礼儀があっても国は乱れる」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、能(よ)く礼譲(れいじょう)を以(もっ)て国(くに)を為(おさ)めんか、何(なに)があらん。能(よ)く礼譲(れいじょう)を以(もっ)て国(くに)を為(おさ)めずんば、礼(れい)を如(い)何(かん)せん。


【原文】

子曰、能以禮讓爲國乎、何有、不能以禮讓爲國、如禮何、


80 自分の実力をつけることだけに集中せよ


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「自分に今、地位がないことを心配することはない。自分が人に知られていないことを心配するのではなく、自分が人に知られるくらいの実力をつけることだけを考えていればいい」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、位(くらい)無(な)きを患(うれ)えず、立(た)つ所以(ゆえん)を患(うれ)う。己(おのれ)を知(し)ること無(な)きを患(うれ)えず、知(し)らるべきを為(な)すを求(もと)む。


【原文】

子曰、不患無位、患所以立、不患莫己知、求爲可知也、

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印