Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

第29回

81話~83話

2016.08.31更新

読了時間

81 まごころと思いやりで生きたい


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「參(しん)(曾子(そうし))よ。我が道は一つのことで貫かれているのだ」。曾子(そうし)は、「わかりました」と答えた。孔子が去った後、他の弟子が曾子に、その意味をたずねた。

曾子は言った。「先生の道は、ただ一つ、忠恕(ちゅうじょ)で貫かれています。つまり、まごころと思いやりで生きておられるのです」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、參(しん)よ、吾(わ)が道(みち)は一(いつ)を以(もっ)て之(これ)を貫(つらぬ)く。曾子(そうし)曰(いわ)く、唯(い)(※)。子(し)出(で)づ。門人(もんじん)、問うて曰く、何の謂(い)いぞや。曾子(そうし)曰(いわ)く、夫子(ふうし)の道(みち)は忠恕(ちゅうじょ)(※)のみ。


(※)唯……はい。わかりました。

(※)忠恕……誠実(まこと)、そして思いやり。


【原文】

子曰、參乎、吾道一以貫之哉、曾子曰、唯、子出、門人問曰、何謂也、曾子曰、夫子之道、忠恕而已矣、


82 世の中の役に立つかどうかを重視すべき


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「君子は、物事を見る時、世の中の役に立つかどうかを視点とするが、小人は、自分が儲かるかどうかを視点にする」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、君子(くんし)は義(ぎ)に喩(さと)り、小人(しょうじん)は利(り)に喩(さと)る。


【原文】

子曰、君子喩於義、小人喩於利、


83 人を見て我が身を直す


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「自分より優れた人を見たら、自分もこのような人になろうと見習い、よくない人を見たら、自分はどうかと反省し、我が身を直したい」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、賢(けん)を見(み)ては斉(ひと)しからんことを思(おも)い、不賢(ふけん)を見(み)ては、内(うち)に自(みずか)ら省(かえり)みるなり。


【原文】

子曰、見賢思齊焉、見不賢而内自省也、

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。著書に『超訳孫子の兵法』、『吉田松陰の名言100』、『武士道の名言100』、『真田幸村の凛とした生き方』(以上、アイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術』(誠文堂新光社)などがある。

矢印