Facebook
Twitter
RSS

スポンサーリンク

論語 全文完全対照版 野中根太郎

第48回

133話~135話

2016.09.29更新

読了時間

133 見た目の良さだけでは生きていくのは難しい


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「衛(えい)の祝鮀(しゅくだ)(※)のように雄弁でなく、宋朝(そうちょう)(※)のように見かけがよい色男というだけでは、今の世をうまく切り抜けていくことは難しい」。


(※)祝鮀……「祝」は宋朝の祭官の職のこと。「鮀」は名。衛の大夫。

(※)宋朝……宋の公子で名は朝。有名な美男子。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、祝鮀(しゅくだ)の佞(ねい)(※)あらずして、宋朝(そうちょう)の美(び)あらば、難(かた)いかな、今(いま)の世(よ)に免(まぬが)れんこと。


(※)佞……口がうまいこと。雄弁。


【原文】

子曰、不有祝鮀之佞、而有宋朝之美、難乎、免於今之世矣、


134 正しい道がわかったら、ちゅうちょせずその道を進め


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「誰でも部屋を出る時には出口を通る。それなのに、どうして人生を生きていく時に、私たちが説く正しい道を通らない人が多いのだろう」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、誰(だれ)か能(よ)く出(い)づるに戸(こ)に由(ゆ)らざらん。何(なん)ぞ斯(こ)の道(みち)に由(よ)る莫(な)きや。


【原文】

子曰、誰能出不由戸者、何莫由斯道也、


135 見かけ・外見のよさと中味・実質を兼ね備えたい


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「人の中身、実質が外見、見かけのよさよりも勝ちすぎると野人のようだ。反対に、外見、見かけのよさが人の中身、実質に勝ちすぎるとただの文書係のようだ。外見、見かけのよさと中身、実質が見事に揃っているのが君子である」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、質(しつ)、文(ぶん)(※)に勝(まさ)れば則(すなわ)ち野(や)(※)、文(ぶん)、質(しつ)に勝(まさ)れば史(し)(※)、文質彬(ひん)彬(ぴん)として、然(しか)る後(のち)に君子(くんし)なり。


(※)文……飾り。見かけ。

(※)野……野人。田舎者。

(※)史……文書を司る役人。文書係。


【原文】

子曰、質勝文則野、文勝質則史、文質彬彬、然後君子、

スポンサーリンク

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100-変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術-相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』『全文完全対照版 孫子コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

矢印