Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

第178回

455話~456話

2017.04.11更新

読了時間

【 この連載は… 】 毎日数分で「東洋最大の教養書」を読破しよう! 『超訳 孫子の兵法』の野中根太郎氏による、新訳論語完全版。読みやすく現代人の実生活に根付いた超訳と、原文・読み下し文を対照させたオールインワン。

455 ただ食べてぶらぶらするだけの人は困ったものだ


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「ただ食べるだけで何もせず、心を動かすこともない者もいるが、困ったものだ。さいころや囲碁の遊びをしている人のほうが、何もしないよりはまだましだ」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、飽食(ほうしょく)して日(ひ)を終(お)え、心(こころ)を用(もち)うる所(ところ)無(な)し。難(かた)いかな(※)、博奕(ばくえき)(※)なる者(もの)有(あ)らずや。之(これ)を為(な)すは猶(な)お已(や)(※)むに賢(まさ)れり。


(※)難いかな……徳を修めていくことも、禍(わざわい)を免れることも「難しい」「できなくて困ったものだ」と嘆いている。

(※)博奕……「博」は双六の類、「奕」は囲碁のこと。ここでは賭博(とばく)の意味ではない。

(※)已……何もしない。


【原文】

子曰、飽食終日、無所用心、難矣哉、不有愽奕者乎、爲之猶賢乎已、


456 義のない勇は危ない


【現代語訳】

子路がたずねた。「君子は勇を尊びますか」。

孔子先生は答えてこう言われた。「君子は勇を尊ぶが、それ以上に義を尊ぶものである。地位のある君子が勇だけあっても、義がないと乱を起こすし、地位のない小人が勇だけあっても、義がないと盗みをするようになる」。


【読み下し文】

子路(しろ)曰(いわ)く、君子(くんし)は勇(ゆう)を尚(たっと)ぶか。子(し)曰(いわ)く、君子(くんし)は義(ぎ)以(もっ)て上(じょう)と為(な)す。君子(くんし)、勇(ゆう)有(あ)りて義(ぎ)無(な)ければ乱(らん)を為(な)し、小人(しょうじん)、勇(ゆう)有(あ)りて義(ぎ)無(な)ければ盗(とう)を為(な)す。


【原文】

子路曰、君子尙勈乎、子曰、君子義以爲上、君子有勈而無義爲亂、小人有勈而無義爲盜、



*456話が長文のため、今回は2話のみの掲載となります。



【単行本好評発売中!】この連載が本になりました。全国書店もしくはネット書店にてご購入ください。

この本を購入する
シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。著書に『超訳孫子の兵法』、『吉田松陰の名言100』、『武士道の名言100』、『真田幸村の凛とした生き方』(以上、アイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術』(誠文堂新光社)などがある。

矢印