Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

第19回

52話~54話

2016.08.17更新

読了時間

52 先祖や神様は、いつも私たちとともにあり、私たちを見ている(まごころを尽くして先祖や神様を祭る)


【現代語訳】

孔子先生が先祖の祭りを行うときは、あたかもそこに先祖がおられるように行い、神を祭るときもそこに神がおられるようにして、まごころをこめて行った。

先生は言われた。「自分自身が祭りに加わり、まごころを尽して行わないと祭った気になれない」。


【読み下し文】

祭(まつ)ること在(いま)すが如(ごと)くし、神(かみ)を祭(まつ)ること神(かみ)在(いま)すが如(ごと)くす。子(し)曰(いわ)く、吾(われ)祭(まつり)に与(あた)かざれば、祭(まつ)らざるご如(ごと)し。


【原文】

祭如在、祭神如神在、子曰、吾不與祭、如不祭、


53 権力者に媚びたりはしない


【現代語訳】

衛(えい)の大夫(貴族)で権力者の王孫(おうそん)賈(か)(※)がたずねた。「家の奥の神に媚びるより、かまど(台所)の神に媚びよ」ということわざは、どういう意味でしょうか(君主より権力者たる自分に媚びるほうがよいとのなぞかけ)。

孔子先生は言われた。「それはまちがったことわざでしょう。すべては天が決めることです。天に対してまちがったことを行えば、どんな神に祈ろうと意味はありません(私は権力者に媚びるようなことはしない)」。


(※)王孫賈……衛の霊公に仕えた大夫で権力者。名臣であったとされる。


【読み下し文】

王孫(おうそん)賈(か)、問(と)うて曰(いわ)く、其(そ)れ奥(おく)に媚(こ)びんよりは、寧(むし)ろ竈(かまど)に媚(こ)びよ、とは何(なん)の謂(い)いぞや。子(し)曰(いわ)く、然(しか)らず、罪(つみ)を天(てん)に獲(う)れば、禱(いの)る所(ところ)なきなり。


【原文】

王孫賈問曰、與其媚於奧、寧媚於竈、何謂、子曰、不然、獲罪於天、無所禱也、


54 歴史によく学んで今に生かそう


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「周(※)の文化、制度は夏(か)、殷(いん)の二代にわたる過去の歴史に学んでつくられている。だからすばらしいのだ。私も周の文化、制度を学んでそれに従いたい」。


(※)周……周王朝のこと。周は文王の子武王が、殷最後の紂王が暴政をしていたため、これを倒してつくった。周公担(魯の始祖)はこの時の功労者で、かつ孔子が尊敬してやまない立派な人であった。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、周(しゅう)は二代(にだい)に鑑(かんが)みて、郁郁乎(いくいくこ)として文(ふみ)なる哉(や)。吾(われ)は周(しゅう)に従(したが)わん。


【原文】

子曰、周監於二代、郁郁乎文哉、吾從周、

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。著書に『超訳孫子の兵法』、『吉田松陰の名言100』、『武士道の名言100』、『真田幸村の凛とした生き方』(以上、アイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術』(誠文堂新光社)などがある。

矢印