Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

第25回

69話~71話

2016.08.25更新

読了時間

69 人格者でなければ善悪は見抜けない


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「人のよいところと悪いところを正しくわかる人は、仁者すなわち最高の人格者である」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、惟(た)だ仁者(じんしゃ)のみ、能(よ)く人(ひと)を好(この)み、人(ひと)を悪(にく)む。


【原文】

子曰、惟仁者能好人、能惡人、


70 仁者を志している人は、悪いことをしない


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「本当に仁(最高の人格)を身につけようと志している人であれば、悪い行いをする心配はない」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、苟(まこと)に仁(じん)に志(こころ)さば、悪(あ)しきことなし。


【原文】

子曰、苟志於仁矣、無惡也、


71 正しければ貧しくても気にすることはない


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「財産と地位は誰でも欲しいものである。ただ、正しいやり方で手にしたものでないと身につかないし、危うい。貧乏と地位の低さは誰でも嫌なものである。ただ、自分の正しいと考える生き方を貫いてそうなったのなら、いいではないか。君子は、仁を忘れて、財産、地位、名誉を手にするものではないだろう。君子はたとえ食事をするちょっとした時でも、あわただしい時でも、ひっくり返りそうな大変なことが起きても、仁の人であろうとすることに変わりがないものだ」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、富(とみ)と貴(とうと)きは是(こ)れ人(ひと)の欲(ほっ)する所(ところ)なり。其(そ)の道(みち)(※)を以(もっ)て之(これ)を得(え)ざれば処(お)らざるなり。貧(ひん)と賤(いや)しきとは是(こ)れ人(ひと)の悪(にく)む所(ところ)なり。其(そ)の道(みち)を以(もっ)て之(これ)を得(え)ざれば去(さ)らざるなり。君子(くんし)は仁を去(さ)りて、悪(いず)くにか名(な)をなん。君子(くんし)は終食(しゅうしょく)の間(あいだ)にも仁(じん)に違(ちが)うことなし。造(ぞう)次(じ)(※)にも必ず是(ここ)においてし、顚沛(てんぱい)(※)にも必(かなら)ず是(ここ)においてす。


(※)其の道……自分の考える正しい道。

(※)造次……あわただしい時。

(※)顚沛……ひっくり返りそうな大変な時。


【原文】

子曰、富與貴、是人之所欲也、不以其道得之、不處也、貧與賤、是人之所惡也、不以其道得之、不去也、君子去仁、惡乎成名、君子無終食之間違仁、造次必於是、顚沛必於是、

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。著書に『超訳孫子の兵法』、『吉田松陰の名言100』、『武士道の名言100』、『真田幸村の凛とした生き方』(以上、アイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術』(誠文堂新光社)などがある。

矢印