Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

第5回

10話~12話

2016.07.25更新

読了時間

10 教えを請われる人の五つの徳


【現代語訳】

子禽(※)が子貢(※)にたずねた。「孔子先生はどこの国に行かれても、必ず政治のやり方についての相談をお受けになります。これは、先生の方から政治顧問となることを求められてそうなるのでしょうか。それともその国の君主たちから持ちかけられるものなのでしょうか」。

子貢は答えて言った。「先生は、温厚、善良、恭順、倹約、謙譲の五つの徳が備わっているので、自然と向こうから相談を持ちかけられるのである。もちろん先生は、天下の政治をよくしたくて諸国をめぐられているのであるから、自分の方から求めたと言えなくもない。何にせよ、こうした仕事の求め方は普通の人と異なっているのは間違いない」。


(※)子禽……陳の人で孔子より四十歳年少。孔子の門人とも子貢の門人ともいわれている。

(※)子貢……衛の人。孔子より三十一歳年少。弁舌が巧みだったとされる。


【読み下し文】

子禽(しきん)、子(し)貢(こう)に問(と)うて曰(いわ)く、天子(ふうし)の是(こ)の邦(くに)に至(いた)るや、必(かなら)ずその政(まつりごと)を聞(き)く。之(これ)を求(もと)めたるか、抑(そもそも)も之(こ)を与(あた)えられしか。子(し)貢(こう)曰(いわ)く、夫子(ふうし)は温良(おんりょう)恭險(きょうけん)譲(じょう)にして以(も)って之(これ)を得(え)たり。夫子(ふうし)の之(これ)を求(もと)めしや、其(そ)れ諸(こ)れ、人(ひと)の之(これ)を求(もと)むると異(こと)なるか。


【原文】

子禽問於子貢曰、夫子至於是邦也、必聞其政、求之與、抑與之與、子貢曰、夫子温良恭儉譲以得之、夫子之求之也、其諸異乎人之求之與、


11 父に学び、死後三年はやり方をかえるべきではない


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「父が生きている間は、その志(こころざし)やめざすものをよく知り、助け、父が亡くなった後は、その生前の行いをよく調べて発展させるようにしたい。ただできれば父が死んだ後の三年ほどは、そのやり方を変えるべきではない。これが孝(※)というものである」。


(※)孝……親孝行などの孝行。孔子の教えではこれも重視する。


【読み下し文】

子曰く、父(ちち)在(いま)せば其(そ)の志(こころざし)を観(み)、父(ちち)没(ぼっ)すれば其(そ)の行(おこない)を観(み)る。三年(さんねん)父の道(みち)を改(あらた)むるなきを、孝(こう)と謂(い)うべきなり。


【原文】

子曰、父在觀其志、父沒觀其行、三年無改於父之道、可謂孝矣、


12 親しき仲にも礼儀あり。いつも礼と和の調和をはかること


【現代語訳】

有子は言った。「礼(※)は大事にすべきだが、その際には、和(※12)であることを忘れてはならない。昔のいわゆる聖王たちが偉大だったのも、これがすばらしかったからだ。小さいことでも大きなことでも、和をはかるようにしなくてはならないが、この和は礼によって正しくけじめをつけていかないとだめになる」。


(※)礼……礼儀。

(※)和……調和。


【読み下し文】

有子(ゆうし)曰(いわ)く、礼(れい)をこれを用(もち)うるには、和(わ)を貴(とうと)しと為(な)す。先王(せんおう)の道(みち)も斯(これ)を美(び)と為(な)せり。小大(しょうだい)之(これ)に由(よ)りて行(おこ)なわざる所(ところ)あり。和(わ)を知(し)りて和(わ)するも、礼(れい)を以(もっ)て之(これ)を節(せつ)せざれば、亦(また)行(おこな)うべからざるなり。


【原文】

有子曰、禮之用和爲貴、先王之道斯爲美、小大由之、有所不行、知和而和、不以禮節之、亦不可行也、

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。著書に『超訳孫子の兵法』、『吉田松陰の名言100』、『武士道の名言100』、『真田幸村の凛とした生き方』(以上、アイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術』(誠文堂新光社)などがある。

矢印