Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

第59回

166話~168話

2016.10.17更新

読了時間

166 学び続けているから物知りなのだ


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「よく人が言っているようだが、私は別に生まれながらに何事も知っていたわけではない。ただ、古典、歴史を好み、いっしょうけんめいにそれを学び続けている者にすぎないのだ」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、我(われ)は生(う)まれながらにしてこれを知(し)るに非(あら)ず。古(いにしえ)を好(この)み、敏(びん)にして以(もっ)て(※)これを求(もと)めし者(もの)なり。


(※)敏にして以て……「休みなく急ぐ」の強調形。「一生懸命に」の意。


【原文】

子曰、我非生而知之者、好古敏以求之者也、


167 怪しいこと、あまりわからないことは人に話さない


【現代語訳】

孔子先生は、「怪力乱神」、つまり、怪奇、武力武勇、乱倫、神秘(霊験)について、語ることはほとんどなかった。


【読み下し文】

子(し)、怪(かい)、力(りょく)、乱(らん)、神(しん)を語(かた)らず。


【原文】

子不語怪力亂神、


168 人のふりを見て、我がふりを直していく


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「三人で行動したら、必ずその中に自分の師を見つけることができる。善い行いがあればそれを見習い、悪い行いがあれば、自分の行いを反省してみるのである」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、三人(さんにん)行(おこな)えば、必(かなら)ず我(わ)が師(し)あり。其(そ)の善(よ)き者(もの)を選(えら)びてこれに従(したが)い、其(そ)の善(よ)からざる者(もの)にしてこれを改(あらた)む。


【原文】

子曰、我三人行、必有我師焉、擇其善者而從之、其不善者而改之、

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。著書に『超訳孫子の兵法』、『吉田松陰の名言100』、『武士道の名言100』、『真田幸村の凛とした生き方』(以上、アイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術』(誠文堂新光社)などがある。

矢印