Facebook
Twitter
RSS

よみものどっとこむ

第64回

180話~182話

2016.10.24更新

読了時間

180 学ぶこと、教えることはあきることがない


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「伝説的な聖人や最高の人格である仁者には、私はとても及ばないだろう。しかし、これらの人のあり方をよく学び、それを人に教えることをあきずに行えるのが私という人間である」。

弟子の公(こう)西華(せいか)はこれを聞いて言った。「まさにその通りだと思います。そこが私たちのとてもかなわないところです」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、聖(せい)と仁(じん)との若(ごと)きは、則(すなわ)ち吾(わ)れ豈(あ)に敢(あえ)てせんや。抑(そもそも)もこれを為(な)して厭(いと)わず、人(ひと)を誨(おし)えて倦(う)まざるは、則(すなわ)ち云(しかり)と謂(い)うべきのみ。公(こう)西華(せいか)曰(いわ)く、正(まさ)に唯(しかり)、弟(てい)子学(まな)ぶこと能(あた)わざるなり。


【原文】

子曰、若聖與仁、則吾豈敢、抑爲之不厭、誨人不倦、則可謂云爾已矣、公西華曰、正唯弟子不能學也、


181 困った時の神頼みはしない


【現代語訳】

孔子先生が病気にかかり病状が重くなった。高弟の子(し)路(ろ)が心配して、神に祈りたいと言った。先生は言われた。「何かそういう先例でもあるのか」。

子路は答えた。「誄(るい)(※)という文に、汝(なんじ)のことを天地の神々に祈る、とあります」。

先生は言われた。「そうした祈りなら、普段からやっていたのであらためて祈らなくてもよい」。


(※)誄……一般に死者の生前の行為を述べる文章のことといわれている。「しのびごと」とも訳されることがある。


【読み下し文】

子(し)、疾(やま)い病(へい)す。子(し)路(ろ)、禱(いの)らんと請(こ)う。子(し)曰(いわ)く、これありや。子(し)路(ろ)対(こた)えて曰(いわ)く、これあり。誄(るい)に日(い)う。爾(なんじ)を上下(じょうげ)の神祇(しんぎ)に禱(いの)る、と。子(し)曰(いわ)く、丘(きゅう)の禱(いの)るや久(ひさ)し。


【原文】

子疾病、子路請禱、子曰、有諸、子路對曰、有之、誄曰、禱爾于上下神祇、子曰、丘之禱之久矣、


182 過度のぜいたくとケチはよくない


【現代語訳】

孔子先生は言われた。「ぜいたくしすぎる人は、ごう慢でみにくくなる。一方、倹約しすぎる人は、がんこで人が寄りつきにくくなる。どちらもよくないが、ごう慢はとくによくない」。


【読み下し文】

子(し)曰(いわ)く、奢(しゃ)(※)なれば則(すなわ)ち不遜(ふそん)、倹(けん)なれば則(すなわ)ち固(かた)(※)し。其(そ)の不遜(ふそん)より寧(むし)ろ固(かた)かれ。


(※)奢……おごる。ぜいたくする。

(※)固……頑なで卑しいこと。がんこ。


【原文】

子曰、奢則不孫、儉則固、與其不孫也寧固、

シェア

Share

感想を書く感想を書く

※コメントは承認制となっておりますので、反映されるまでに時間がかかります。

著者

野中 根太郎

早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。著書に『超訳孫子の兵法』、『吉田松陰の名言100』、『武士道の名言100』、『真田幸村の凛とした生き方』(以上、アイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術』(誠文堂新光社)などがある。

矢印